TOPSoftware > 今こそCOBOLを学ぶべき理由(後)

Software

今こそCOBOLを学ぶべき理由(後)

2016/04/28

Paul Rubens CIO

 COBOLを学ぶことは、キャリア戦略として賢明に思える。なぜなら、あり余るほどの仕事が見込めるからだ。それに、人材の供給が不足しているということは、優秀なCOBOLプログラマーであれば、その技能に見合った高水準の給与を得られるはずだ。

前回から続く)

退屈な要素

 COBOLを仕事にするという発想を敬遠する材料の1つとなり得るのは、刺激が少なくてお堅い企業がCOBOLを使っているケースが多いという点だ。Web 2.0やモバイルのアプリがひしめく華やかなスタートアップの世界では、魅惑的な新言語が使われているが、COBOLにはその手の魅力はない。率直に言えば、大手金融機関向けにCOBOLでプログラミングする毎日というのは、かなり退屈そうに聞こえる。

 だが、必ずしもそうではないと語るのは、昨年COBOLを習得した20代の開発者、Alina Ungureanu氏だ。「私がCOBOLを選んだのは、興味深い言語で、他の言語とは大きく異なるからだ。どの言語にせよ、言語自体が退屈かどうかではなく、その言語で行う活動が退屈かどうかという話だと私は思う。COBOLで仕事をしたければ、型にはまらない考え方ができなくてはならない」

↑ページ先頭へ