TOPSoftware > 今こそCOBOLを学ぶべき理由(後)

Software

今こそCOBOLを学ぶべき理由(後)

2016/04/28

Paul Rubens CIO

 「COBOLアプリケーションを、先進的なものに取り込んで融合するというこの動きは、キャリアとしてはるかに興味深い。これを実現するには、COBOLプログラマーである必要はなく、COBOLを知っているプログラマー、という方が近い。また、複数の環境、ツール、知識を活用する機会もある」

 だが、COBOLのスペシャリストになるという道を選んだとしても、数多くのワクワクが待っているとWebb氏は言う。技術は急ピッチで変化しているからだ。

 「COBOLの専門家なら、COBOLアプリケーションを進歩させる方法に打ち込まなくてはならない。新しい技術やプラットフォームを古いアプリケーションに生かす方法だ」

 「だから、COBOL開発者にとって、この先に待つ機会は実に魅力的だ」

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ