TOPマネジメント > 休暇中に仕事との接触を絶たない方がよい理由(後)

マネジメント

休暇中に仕事との接触を絶たない方がよい理由(後)

2016/04/27

Sharon Florentine CIO

 休暇というと、不在通知のメッセージを設定し、パソコンを完全にシャットダウンし、携帯電話の電源も切って、仕事のことは忘れるという人もいるだろう。だが、本当にそれで大丈夫だろうか。休暇中に仕事から完全に離れる方法を取り上げた記事は、皆さんも数多く目にしたことがあるだろうが、異なる見解を唱える人もいる。

[画像のクリックで拡大表示]

前回から続く)

 両者のバランスを維持するために、企業の側は、ポリシー、プロセス、インセンティブを確立して、社員全体がバランスの取れた生活を無理なく追求できるようにする必要があるし、管理職やITリーダー、経営幹部は、適切な行動を自らモデル化する必要があるとKaul氏は話す。

 「私自身、マネージングパートナーとして、健全なワークライフバランスを自ら確保し、社員に向けてモデル化することが欠かせない。組織としての実践、たゆまぬイノベーションと発案、社員の維持定着、新規人材の確保のために不可欠だ」

↑ページ先頭へ