TOPマネジメント > 好奇心旺盛な人材が会社にふさわしい理由(後)

マネジメント

好奇心旺盛な人材が会社にふさわしい理由(後)

2016/05/19

Sarah K. White CIO

好奇心がある人は自己投資に熱心

 スタートアップの経営には大きな労力が必要なので、社員が仕事に打ち込んでいるかどうかに会社のトップが目を光らせておく時間はほとんどない。だが、好奇心が強い社員であれば、その部分に関する心配は小さい。社員は、持ち前の好奇心から、キャリアを前進させていくことにもともと熱心だ。トップとしては、社員のやる気を起こさせるのに必要な時間が減り、その分を、会社の事業やイノベーションに投じることができる。

 「知的好奇心がある人は、当社に在籍している期間全体を通して、自己投資に意欲を示している。テクノロジーや、それに伴う課題は、月ごとに変わる。モバイルでは特にそうだ。成長を続けない人間は、あっという間に時代遅れになり、チームや会社にもたらす価値が小さくなる」とVartanian氏は言う。

 スタートアップでの仕事はストレスに満ちていることがあるし、倒産する会社も多い。だが、Gallupの調査によると、知的好奇心がある人は、将来について、より楽観的に捉えている。先行きがはっきりしないスタートアップでは重要な要素だ。明るい未来を捉え、好奇心に従って動いている人材を採用すれば、その勢いが持続し、すぐにあきらめる可能性は低いはずだ。好奇心がある社員が、持てるエネルギーを自らに投じ、それが会社にも還元されることで、会社が成功へと向かう可能性は大きく高まる。

↑ページ先頭へ