TOPマネジメント > CRMとマーケティングオートメーション、その違いは(上)

マネジメント

CRMとマーケティングオートメーション、その違いは(上)

2018/01/22

David Taber CIO

 マーケティングオートメーションシステムは、あまりきちんと構造化されていない膨大なデータを生成し、キャンペーンに応じてクリックストリームを分析する。リードの数が多い企業の場合は、レポートエンジンで数千万行のデータを処理する必要がある。ただし、テーブルの列数は非常に少ない(通常は10列に満たない)。したがって、レポートの出力に関係するクエリのロジックは膨大ではない。膨大なのは生データの数だ。

 マーケティングオートメーションシステムは通常、会社のWebサイトと密接に連携しているが、他のシステムとの連携となると、単なる接続も含めたとしても、わずかな数にとどまっているケースが多い(例えば、住所検証や位置情報の処理エンジンなど)。

翻訳:内山卓則=ニューズフロント

↑ページ先頭へ