TOPアプリ/OS > ブロックチェーンの業務利用、本格導入への道筋は(前)

アプリ/OS

ブロックチェーンの業務利用、本格導入への道筋は(前)

2018/02/14

Clint Boulton CIO

ブロックチェーンの今後に対するリスクの分散

 TD Ameritradeをはじめとする金融サービス企業にとって、ブロックチェーンはさまざまなチャンスをもたらしているだけでなく、同じくらいの課題も突きつけている。Sankaran氏は、専任のチームを立ち上げて、分散型台帳技術の活用方法を探っている。ブロックチェーンを使うことで資産の決済期間を短縮でき、これまで何日もかかっていた工程を分単位や秒単位で自動化できるとSankaran氏は考えている。多数のパートナー間での取引記録の処理もはるかに簡潔になり、紙ベースの手作業が減る。

 TD Ameritradeにとって最初の重要なテストは、同社の証券業務と、系列銀行であるTD Bankとの間で、ほぼリアルタイムの円滑な振替を実現するというものだ。「今後さらに、他の機関との連携を進めて資金移動や口座開設のスピードを大幅に短縮していくうえで、このテストは手本になる」とSankaran氏は言う。そのほか、業務でのブロックチェーンの用途としては、顧客間の情報共有、一般に大量の書類が必要な代理投票、クレジットカードに代わる少額決済の手段といったものが考えられる。今後いずれは、取引決済が最も興味深い用途となり、これまで業界を苦しめてきた時間と取引手数料を抑制できるとSankaran氏は言う。

↑ページ先頭へ