TOPSoftware > コードの実行・結果・説明をまとめて共有できる、Jupyter...

Software

コードの実行・結果・説明をまとめて共有できる、Jupyter Notebook(下)

2019/04/05

Serdar Yegulalp InfoWorld

Jupyter Notebookの制約

 Jupyter Notebookは、強力で便利なツールだが、次のような制約についても考慮する必要がある。

  • ノートブックは単体では使えない:Jupyter Notebookを利用するうえで最大の難点がこれだ。Jupyterの実行環境や、必要なライブラリがないと、ノートブックが使えない。こちらのページで紹介されているように、単体で使えるノートブックを作成するための手立てもいくつかあるが、いずれの方法も公式にはサポートされていない。ノートブックを配布する時には、実行環境を導入済みの人か、例えばAnacondaなどを使ったセットアップを苦にしない人に対象を絞るのが無難だ。
  • セッション状態の保存が簡単ではない:ノートブック内で動作しているコードの状態の保存や復元は、Jupyter Notebookのデフォルトのツールではできない。ノートブックを読み込むたびに、その中のコードを実行し直して状態を復元する必要がある。
  • IDEの機能がない:Jupyter Notebookは、Python用のフル装備の開発環境ではない。インタラクティブなデバッグ、コードの自動補完、モジュール管理など、IDEが一般的に備えている機能がない。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ