TOPセキュリティ > モバイルデータ通信の設定でスマホの諸問題を解決する方法(上)...

セキュリティ

モバイルデータ通信の設定でスマホの諸問題を解決する方法(上)

2019/04/15

Mike Elgan Computerworld

 デジタル漬けの生活から生じる問題は、拡大の一途をたどっている。時間の浪費、注意散漫、損害など、スマホ中毒の代償は高まる一方だ。

 そこで筆者は、この問題へのシンプルな対応策を考えた。生活の質や会社の業務にとってプラスとなるのみならず、新たな負担なしで新機種のスマホを毎年手に入れられる方法でもある。これから説明していきたい。

 スマホの使いすぎや中毒に関しては、さまざまな問題への影響が指摘されている。生産性の損失、成績の低下、恋愛への影響、子供の脳への影響、記憶力への影響、IQの低下、交通事故、育児への影響、健康の阻害やうつなどだ。親がスマホに夢中になっている間に子供がプールでおぼれたという事故の報告もある。あるいは、他人に見せる笑顔が減るとの研究結果もある。

 何より問題なのは、軽薄で意味のない表面的なことに貴重な時間を浪費し、人生の素晴らしさ、人との真のつながり、身の回りの世界に全身で関わり合う機会を逃していることだ。学び、成長、人脈作り、キャリアアップなどに取り組むのではなく、浅はかに時間を浪費することで、自分の可能性を狭めている。

 そして、この問題の一端は、古き良き否認の心理にある。社会的病としてのスマホ中毒に苦言を呈する人は大勢いるが、人間の思考回路として、「他の人はそうだが自分は違う」と考えてしまうのだ。

 さらに、この問題に関しては、規模や深刻さという面にも否認の心理が働く。データを突きつけられた時には、衝撃で信じられないという気持ちになるほどだ。

↑ページ先頭へ