TOPセキュリティ > モバイルデータ通信の設定でスマホの諸問題を解決する方法(上)...

セキュリティ

モバイルデータ通信の設定でスマホの諸問題を解決する方法(上)

2019/04/15

Mike Elgan Computerworld

 具体的なデータをいくつか見てみよう。米調査会社Dscoutの調べによると、平均的なユーザーがスマートフォンに触る回数は1日あたり2617回、ヘビーユーザーになると実に5427回だ。

 また、米コーネル大学の調査によると、1人で歩いている時にスマートフォンを手に持っている割合は、女性では38%、男性は31%に上った。

 1日当たりのモバイルデバイスの平均使用時間も、2008年は0.3時間だったのが、2017年は3.3時間となり、その後も伸びている。ある報告によると、平均的なユーザーが1カ月にスマートフォンに投じている時間があれば、本を24冊読めるという。年に288冊だ。

 スマホ中毒で我々が失っているものはあまり多く、その引き換えに得ているものはあまりに少ない。ぜひとも、何らかの手を打ってしかるべきだ。でも、具体的にどうすればよいのだろうか。

シンプルな解決策

 デジタル漬けの問題に対処するために、大胆な策に打って出る人もいる。基本的な機能しかない折り畳み式フィーチャーフォンの類いを手に入れ、スマートフォンを持たなくても出掛けられるようにするというものだ。いつでも連絡が付くようにしておきつつ、ネットの情報、アプリ、ソーシャルメディアに注意を奪われないようにするという発想だ。

翻訳:内山卓則=ニューズフロント

↑ページ先頭へ