TOPアプリ/OS > ソフトウエア開発者に倫理綱領は必要か(下)

アプリ/OS

ソフトウエア開発者に倫理綱領は必要か(下)

2018/04/27

Sharon Florentine CIO

 何よりまず、害を与えないこと――医師たちが倫理行動規範に従うことを示すために古くから宣誓してきた「ヒポクラテスの誓い」は、そのようなメッセージが根底にある。配管工、建設作業員、警察官など、一般の人々に影響する仕事に従事する職業人のほとんどは、何らかの倫理行動規範を遵守しなくてはならない。

前回から続く)

 「個人的には、倫理の教えに関する教育が、今よりもっと増えてほしい。特に、学問としての倫理についての単なる講座ではなく、職業人の状況下での倫理についての教えだ。なぜなら、倫理はそれ単独では機能せず、職業上の幅広い規範の一部でなくてはならないからだ。だが、個人が一人でソフトウエアを開発できないことは往々にしてあるという論点も存在する。それに、こうした『悪』の決定は一度にまとめてなされるのではなく、段階的に行われる」

 正しい問いを立てるよう人々に教えるうえで欠かせないこととしてBurton氏が挙げるのは、どのような問いかという理解と、価値観は一人ひとり違うということへの理解だ。原子炉を動かすソフトウエアに携わることや、ドローン用、誘導爆弾用、あるいは軍用機用の照準システムの開発に携わることに異存がない人もいる。

↑ページ先頭へ