TOPWireless > イヤホンジャック廃止の勇気でAppleがひらいた新境地(前)...

Wireless

イヤホンジャック廃止の勇気でAppleがひらいた新境地(前)

2019/05/07

Michael Simon PCWorld

 iPhoneからイヤホンジャックがなくなったことを皆が嘆いていたのは、わずか2年半ほど前の話だ。「iPhone 7」は、高級感のある新色ジェットブラックや、感圧式ホームボタンの採用に加え、3.5mmのイヤホンジャックに代わる変換アダプターが付いていた。米AppleのPhil Schillerバイスプレジデントは、iPhone 7を発表する時、イヤホンジャックを廃止する「勇気」について語っていた。

Credit: Jason Snell

 当時は、ちょっと引いてしまう話だと思った。Schiller氏は、ワイヤレス充電の便利さや有線イヤホンのわずらわしさを聴衆に訴えるのではなく、今は分からないかもしれないがいずれ分かるはず、という意味の話をした。聴衆から忍び笑いが漏れたのは、イヤホンジャックをなくすには「万人をよりよい境地へと導く新たな一歩を踏み出す勇気」が必要だ、とSchiller氏が語った時だった。ばかげた話だと思った。この先に待つのは不便な毎日としか思えなかった。

 だが結局のところ、Schiller氏の言っていたことは正しかった。

 当時は、強力な現実歪曲フィールドのような印象を受けたかもしれない。しかし、同社最大の人気商品からイヤホンジャックをなくすことをAppleが決めたのは、デザイン上の軽はずみな決断ではなかった。利便性とシンプルさ、大いなる喜びをもたらす新たな戦略の始まりだったのだ。

↑ページ先頭へ