TOPセキュリティ > 機密情報は自分から漏れている?OPSEC強化が必須なわけ(上...

セキュリティ

機密情報は自分から漏れている?OPSEC強化が必須なわけ(上)

2019/05/27

Josh Fruhlinger CSO

 企業や組織に関して何らかのデータが公になった時に、敵がそれを他のデータと的確に組み合わせて巧妙に分析すると、秘匿しておくべき全体像が明らかになる場合がある。そうした事態を防ぐように自組織のデータを保護するプロセスがOPSEC(Operations Security:作戦保全)だ。

Credit: SolarSeven / Getty Images

 もともと軍事分野が発祥の概念だが、コンピューター時代には、政府機関や民間企業にとっても極めて重要な考え方となった。OPSECを強化するための策を考えておくことは、あらゆる組織の最高セキュリティ責任者(CSO)にとって欠かせない。

 OPSECという言葉を最初に編み出したのは、ベトナム戦争時の米軍だ。当時、米軍の戦略や戦術が敵に読まれていると見られたことから、Purple Dragonという作戦チームが調査した。北ベトナムやベトコンは米国の通信を解読できておらず、また内部でデータを収集できるスパイもいないと見られたことから、米軍自身の不注意で重要な情報が敵にばれているとの結論が導かれた。軍事分野でのOPSECの定義としてPurple Dragonが最初に定めたのは、「我々の優位性や弱点を敵軍に知られずにおく能力」だった。

 その後、OPSECの概念は、米軍から米政府機関へ、さらには民間部門へと徐々に広がり、細かな肉付けが施されていった。米国の核兵器を管轄する米エネルギー省では、OPSECについて、「非機密情報や、支配下にある重要情報が、短期的または長期的に秘匿が必要な機密情報を知る手がかりとなり得る場合に、そのような情報を特定するプロセス」を扱うものだと説明し、「OPSECの目的は、任務・作戦・活動についてのセンシティブな非機密情報を識別・統制・秘匿すること、および、その任務・作戦・活動を敵が侵害する能力を無効化または緩和することである」としている。

↑ページ先頭へ