TOPNetwork > 金融機関でのAI活用、パイロットから実用化へ(上)

Network

金融機関でのAI活用、パイロットから実用化へ(上)

2019/06/03

Lucas Mearian Computerworld

 金融業界はAIの活用に巨額の資金を投じつつある。AIシステムへの支出額の見通しを産業分野別で見た場合、銀行が2019年にAIに投じる額は56億ドルで、小売に次ぐ第2位となっている。

Credit: Iaremenko / Getty Images

 これまでは、AI関連のプロジェクトの大多数は、パイロット段階にとどまっていた。ビジネス上の用途が明確でないままテクノロジーを導入することになるプロジェクトも多い。端的に言えば、流行に乗った動きだった。

 現在のAIプロジェクトは、例えばチャットボットを導入してカスタマーサービスを効率化することを狙いとしたり、機械学習を取り入れて顧客の行動やニーズに関するトレンドを複数の業務分野にまたがって明らかにすることを目指したりといったものが多い。

 「銀行の複数のサービスにわたって、過去のカスタマージャーニーを保持しておいて生かせるかどうかが肝心だ」と、米アナリティクス企業Fractal Analyticsの最高プラクティス責任者、Sankar Narayanan氏は言う。

まずは基本的な問題に照準

 パイロットプロジェクトが成熟する中、大きな変化が起きつつあるとNarayanan氏は言う。今年は各社が実稼働システムの導入に乗り出すことが見込まれる。まずは、機能が進化したチャットボットでの対話を顧客関係管理(CRM)に生かすといった形で、基本的な問題の解決に照準を合わせることになりそうだ。

 「もっと大きく見れば、円滑でない部分を解消するという発想だ。通常、銀行から企業への融資には、数多くの文書が必要となる。こうした文書の確認は、流れが滞る大きなポイントの1つだ。融資を希望する企業側にとっても、リスクの精査が必要な銀行側にとっても、大きな手間がかかる」

↑ページ先頭へ