TOPクラウド > 次世代Googleアシスタント、利便性とプライバシーの両立で...

クラウド

次世代Googleアシスタント、利便性とプライバシーの両立でSiriに攻勢(後)

2019/06/06

Michael Simon Macworld

 米Googleは、5月初めに開催した開発者会議「Google I/O 2019」で、次世代版の「Googleアシスタント」をスマートフォン「Pixel」で実演した。この次世代版は、ユーザーやスマホとアシスタントとの連携のあり方が大きく見直されている。

前回から続く)

ローカルで処理

Credit: Michael Simon/IDG

 大幅なスピードアップを実現するために、GoogleはAIモデルのサイズを100Gバイトから500Mバイトまで小さくし、スマホの中に収まるようにした。この結果、Googleのサーバーにリクエストを送って処理する必要がなくなり、インターネットに接続していない時でもGoogleアシスタントが機能するようになった。オフラインで具体的にどの程度の作業をこなせるのかは定かでないが、カレンダーの予定の確認やライトの点灯などの一般的なタスクは、スマホ上でローカルで処理できる。

 ローカルでの処理というと、どこかで聞いた話だと思う人もいるかもしれない。Appleは、プライバシー重視を前面に押し出す策の1つとして、デバイス上での処理や機械学習を大きくうたっている。オフライン版Siriの開発を進めているとの観測も根強い。プライバシー重視のために、Appleはずっと前からSiriのデータの匿名化と暗号化を行っている。また、データの収集や分析に関して差分プライバシーという技術を使っている。AppleとGoogleを分けるこの一線は、次第に鮮明となっていた。しかしGoogleは、次世代のアシスタントで、ユーザーデータの収集と保護を両立できることを実証しつつある。

 もちろん、GoogleがアクセスしているデータがAppleよりはるかに多いことに変わりはない。実際、次世代版Googleアシスタントの重要な新機能である「Personal References」は、メッセージやカレンダーの内容を探り、ユーザー本人と個人的な関係がある人の情報を把握している。だが、スマホの外に送るべきデータの量についてGoogleが考えを改めているのは間違いない。そのような方法論に変わったのはAppleの功績と言えよう。しかしながら、Googleが進めている取り組みの方が、はるかに大きいように思える。邪魔にならないインタフェースや、大幅なスピードアップなど、利用者がアシスタントに何を望むのかをGoogleは理解している。データをできるだけ外部に送らないというのはその1つだ。

↑ページ先頭へ