TOPマネジメント > データから未来を予測、プレディクティブアナリティクスとは(中...

マネジメント

データから未来を予測、プレディクティブアナリティクスとは(中)

2018/06/06

John Edwards CIO

プレディクティブアナリティクスのツール

 プレディクティブアナリティクスのツールによって、あらゆる事業活動について、深く掘り下げたリアルタイムのインサイトが得られる。例えば、特定のタイミングでリソースを割り当てる方法、在庫補充の時期、マーケティングキャンペーンを始めるのに最適のタイミングなど、さまざまな種類の行動やパターンについて、一定期間にわたって収集したデータの分析に基づいて今後を予測できる。

 プレディクティブアナリティクスを採用する企業のほとんどは、サードパーティー製ツールを導入する。個別の企業や部門のニーズを満たすようにカスタマイズされているツールが多い。プレディクティブアナリティクスのソフトウエアやサービスを手がけている主な企業を挙げる。

  • Acxiom
  • IBM
  • Information Builders
  • Microsoft
  • SAP
  • SAS Institute
  • Tableau Software
  • Teradata
  • TIBCO Software

プレディクティブアナリティクスのモデル

 プレディクティブアナリティクスの基盤は予測モデルだ。過去と現在のデータを、行動に反映できるインサイトに変えて、長期的な成果を生み出すためのひな型である。主な予測モデルには次のような種類がある。

  • 顧客生涯価値モデル:製品やサービスへの投資を増やす可能性が高い顧客を特定する。

  • 顧客セグメンテーションモデル:特性や購買行動が似ている顧客をグループ化する。

  • 予知保全モデル:必要不可欠な設備が故障する可能性を予測する。

  • 品質保証モデル:欠陥の発見や予防を可能にし、製品やサービスを顧客に提供する時に失望を招いたり余分なコストが生じたりするのを回避する。
翻訳:内山卓則=ニューズフロント

↑ページ先頭へ