TOPマネジメント > 人事業務の効率化を支援する、人事情報システムとは(中)

マネジメント

人事業務の効率化を支援する、人事情報システムとは(中)

2019/06/12

Sharon Florentine CIO

 多くの場合、人事情報システムがあれば、人事に関する意思決定の効率が上がる。また、一概には判断しにくいが、意思決定の質も上がることが考えられる。全体として、管理の負担が軽減し、社員とマネージャーの生産性が高まる。

 情報をデジタル化して防御することは、プライバシー保護やセキュリティの強化にもつながる。紙の文書やスプレッドシートは防御が難しいうえ、劣化が起こりやすく、また自然災害や火事で消失する恐れもある。雇用機会均等に関する情報など、法的なデータを保存してコンプライアンスを確実にするうえでも、人事情報システムは有益だ。

 人事部門の管理者は、例えばデータ入力など、戦略上の重要度が低い雑務から解放され、面接や人材開発など、対人関連のタスクに集中できる。また、会社の情報、発表、リンク、ポリシー、手順などが一元化されることで、社員が必要な情報を自ら見つけ出せるようになり、人事が対応に追われずに済む。

 例えば、休暇の申請、給与振込口座の変更、給与明細の電子化、所得税申告に関する書面の変更など、繰り返し生じる作業を自動化し、各自で行ってもらうことで、管理者の指導や介入が不要になる。この結果、ペーパーワークが大幅に減り、承認を得る工程も効率的になる。

 加えて、マネージャーにとっては、部下の成功に向けた計画、人材開発、支援に必要な情報を得やすくなる。この結果、従業員エンゲージメントや士気が向上し、定着率が高まる。また、会社の成長とイノベーションを後押しするサクセッションプランの立案にも役立つ。

翻訳:内山卓則=ニューズフロント

↑ページ先頭へ