TOPマネジメント > ITと他部門の仲立ちをするビジネスリレーションシップマネージ...

マネジメント

ITと他部門の仲立ちをするビジネスリレーションシップマネージャー(前)

2019/06/18

Sarah K. White CIO

 ビジネスリレーションシップマネージャー(BRM)は、組織内でIT部門と他の部門とをつなぐ役割を担う。さまざまな部門で技術への依存度が高まる中、IT部門と他部門との間のコミュニケーション強化が急務だと感じることも多いはずだ。BRMは通常、上位の職種とされ、幅広い経験と、ハード面およびソフト面の両方のスキル、相応の学歴が求められる。

Credit: Getty Images

 BRMは、IT部門を熟知していなければならないが、複数の部門と効果的にコミュニケーションをとりながら、各部門の技術ニーズを把握するスキルも求められる。IT、人事、経理、マーケティング部門をはじめ、日常業務の大半を技術に支えられている部門の間での主要な連絡窓口となる。BRMは、部門の境界をまたいでIT部門と他部門の関係性を監督する場合もあれば、一定の部門内でITと他部署との連絡役として動く場合もある。

 BRM向け認定プログラムなどを手がける米BRM Instituteの言葉を借りれば、BRMは「コラボレーション、創造文化、イノベーションを推進し、全体的なビジネス戦略がもたらす成果を高めたい企業にとって、なくてはならない存在」だ。これまでIT部門だけを切り離し、外部のリーダーとあまり交流のない独立した部門として運営していた企業にとって不可欠だ。そのような企業が全社を通じてITに依存するようになった今、BRMがITと他部門の垣根を取り去り、より総合的なIT部門を構築するのに極めて重要な役割を果たす。

↑ページ先頭へ