TOPNetwork > Facebookの物理セキュリティ、責任者に聞く(後)

Network

Facebookの物理セキュリティ、責任者に聞く(後)

2018/06/21

Terena Bell CSO

 来訪者の追跡や建築設計などの話は、もちろん通常はサイバーセキュリティの基本構成要素ではない。Lovrien氏のグローバルセキュリティチームは、128ビットといった部分より警棒といった部分を担う存在ではあるが、情報セキュリティを敬遠しているわけではない。物理セキュリティの存在理由について同氏は次のように話す。「Facebookの資産を守るためにある。建物であれサーバーであれ、プロトタイプであれアイデアであれ、Facebookの物理的資産と電子資産を安全かつ確実に守ることである」。脅威が表面化した時の対応については次のように言う。「我々は、『これはITの問題なのか、それとも施設の問題なのか』という問いは立てない。我々が引き受け、綿密に対応し、解決する」

 同氏は続ける。「私がいつも皆に言っているのは、このチームはインテリジェンスを基盤とするチームだということだ」。サイバーセキュリティとの融合のあり方に関しては、次のように触れた。「いかにして、このプログラムを単なるコストセンターにせず、ビジネスにリターンをもたらすかだ。脅威を特定して、現実の問題となる前に緩和することを目指している」

 さらにLovrien氏は、会社の賛同が得られているおかげでチームの活動が強固になっていると述べた。「Mark(Zuckerberg)が(CEOとして)トップにいることで1つ素晴らしいのは、グローバルセキュリティプログラムがもたらす価値への理解があることだ。Markと全社員を守るために我々が取っている全体論的なアプローチを理解してくれている」。物理セキュリティとサイバーセキュリティの結びつきを、あのZuckerberg氏が理解しているのなら、我々にも理解できないはずがない。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ