TOPマネジメント > ベストプラクティスでIT部門を失敗に導く方法(上)

マネジメント

ベストプラクティスでIT部門を失敗に導く方法(上)

2017/07/03

Bob Lewis CIO

 業界で「ベストプラクティス」と称されている手法を取り入れたことが、IT部門にとって失敗につながるケースは多々ある。恐らくは、その仕事を初めて手がける人が、うかつに取り入れてしまうケースだ。

 内部顧客の確立、チャージバックの導入、投資対効果の要求など、推奨されているベストプラクティスの多くは、大所高所から捉えるぶんには、理にかなっていそうに思える。だが実際に触れてみると、IT部門が成功を収めるための確実な処方箋だったはずのものが、往々にして失敗の処方箋だったことが分かってくる。

↑ページ先頭へ