TOPマネジメント > キャリアをステップアップする主なアジャイル資格(前)

マネジメント

キャリアをステップアップする主なアジャイル資格(前)

2018/08/21

Sharon Florentine CIO

PMI-ACP

 PMI-ACP(Agile Certified Practitioner)は、米Project Management Institute(PMI)の認定資格の1つだ。アジャイルのプラクティスを取り入れている組織でプロジェクトマネジメントに携わる人を対象にしている。アジャイルプロジェクトマネジメントの実務経験を裏づけ、スクラム、かんばん、リーンなど、アジャイル関連のさまざまな方法論を理解していることを証明できる資格だ。取得資格を維持するには、3年サイクルで30PDU(Professional Development Unit)を取得する必要がある。

  • 費用:コンピューターで実施する試験と紙ベースの試験があり、それぞれPMI会員と非会員で費用が異なる。例えば、PMI会員が紙ベースの試験を受ける場合は385ドル、非会員がコンピューターの試験を受ける場合は495ドル。

APMG Internationalの認定資格

 国際的な資格認定機関である英APMG Internationalは、アジャイルプロジェクトのマネジメントに関してもいくつかの資格を手がけている。アジャイルのフレームワークに関する基準、緻密さ、可視性を必要とするプロジェクトのマネジメント能力を測定することを目的としている。具体的には、AgilePgM(Agile Program Management)やAgilePM(Agile Project Management)などの資格がある。特定のベンダーに依存しないアジャイルプロジェクトマネジメントとデリバリーのフレームワークであるDSDM(Dynamic Systems Development Method)も含まれている。

  • 費用:試験ごとに異なる。例えば、AgilePMのFoundationは218ポンド、AgilePMのPractitionerは330ポンド。

↑ページ先頭へ