TOPソーシャル > ソーシャルインテリジェンス:ソーシャルデータをビジネスに生か...

ソーシャル

ソーシャルインテリジェンス:ソーシャルデータをビジネスに生かすには(中)

2017/08/23

Sandra Gittlen CIO

 今の時代、ほとんどの企業は、Facebook、Twitter、LinkedIn、Snapchat、Instagramなどのソーシャルメディアプラットフォームを利用している。しかし、そのアカウントから得たデータや、ソーシャルメディアを幅広くカバーするソーシャルリスニングツールから集めたデータを、行動につながるインテリジェンスへと自動で変換する方法について、多くの企業は依然として理解できていない。これは少々驚きだ。

前回から続く)

ソーシャルインテリジェンス戦略はアートとサイエンスの融合

 モバイルコンピューター、スキャナー、RFID、バーコードプリンターなどの製品を手がける米Zebra Technologiesで、グローバル・ソーシャルメディア・ストラテジー担当のマネージャーを務めるSally-Anne Kaminski氏は、全社規模でソーシャルインテリジェンスを擁護していくことが自らの仕事だと考えている。同社でソーシャルメディアを100%専任で担当している社員はKaminski氏のみだ。

 Kaminski氏は、セールス・イネーブルメント・チームから見込み客について相談を受けると、米Oracleのソーシャルリレーションシップ管理ツール「Social Cloud」を使って、包括的なダッシュボードを準備し、営業担当者の案件獲得を支援する。ブール検索の機能を使って、Facebook、Twitter、LinkedIn、さらには掲示板やブログを横断検索し、指定したキーワード、フレーズ、トピックに該当する会話を見つける。

↑ページ先頭へ