TOPマネジメント > コンピューターサイエンスの学位を無視すべき10の理由(下)

マネジメント

コンピューターサイエンスの学位を無視すべき10の理由(下)

2018/08/31

CIO

 コンピューターサイエンスの学位が悪いということではない。我々の多くが解決を必要としている問題には合致しそうにないということである。ここからは、コンピューターサイエンスの学位を無視した方がよいかもしれない理由について、網羅的ではないが、挙げていくことにする。

前回から続く)

学府が尊大さを生む

 自分が正しいと考えるのは人の常だが、学位というものは本質的に、取得者の優位性を権威づけるようにできている。それが実際に正しい場合もあるのかもしれないが、たとえ最良の時でも、何が本当に正しいのかは簡単には分からない。動きが速い分野では特にそうだ。

 かつて筆者が一緒に仕事をしたある人は、チームに自ら持ち込んだコーディング規約を崇敬し、コードレビューの中で折に触れてコーディング規約に言及するのが大好きだった。どこにスペースを配置すべきかといったことを口やかましく定めた、個人的見解に等しいコーディング規約だったが、その決まりごとについて格式ばった厳密さで言及するようになったこの人は、コードレビューでコーディング規約を武器のように振りかざし始めた。スペースの配置の仕方が違っているコードがあれば、規約違反だと忌まわしい主張で断罪した。そこで我々一同は、格式高い規則という体の決まりにすべてが適合するよう、スペースを数える作業に忙殺された。

↑ページ先頭へ