TOPセキュリティ > データ流出の事後対応、脅威を抑える5つの手順(前)

セキュリティ

データ流出の事後対応、脅威を抑える5つの手順(前)

2018/09/19

Ian Paul PCWorld

手順3:パスワードを変更する

 パスワードの変更が必要なら、先手を取るのが肝心だ。パスワードを直ちに変更しよう。できれば、流出元の企業から注意喚起のメールやメッセージが届く前に動いた方がよい。

 同じパスワードを別のサイトでも使っているのなら、そちらも変更すること。1回のデータ流出で他のアカウントも簡単に乗っ取られかねない。パスワードの使い回しは厳禁だ。

手順3a:パスワード管理ツールを使う

 データ流出に巻き込まれたのを機に、パスワード管理ツールを使い始めるのもよいだろう。ネット上で使うアカウントの一つひとつに対して、簡単には推測できない新しいパスワードを生成し、まとめて管理できる。一連のパスワードは暗号化により保護される。また、複数のデバイスにまたがって使うことも可能だ(その場合は利用料金が必要となるツールが多い)。

 パスワード管理ツールについては、PCWorldのレビュー記事も参考にしてほしい。現時点でPCWorld編集部のいち押しは「LastPass」だが、「Dashlane」もお勧めだ(ただしDashlaneの方が利用料金は高い)。

翻訳:内山卓則=ニューズフロント

↑ページ先頭へ