TOPSoftware > メールアプリNewtonがサービス終了へ、代替ツールはあるか...

Software

メールアプリNewtonがサービス終了へ、代替ツールはあるか(前)

2018/09/25

Jared Newman PCWorld

 メールアプリ「Newton」が2018年9月25日をもってサービスを終了することを決め、筆者は落胆している。かつては筆者も、メール対応をずっと苦痛に感じていた。受信トレイを見ただけでやる気が失せ、最低限必要な対応だけで済ませるのがお決まりのパターンだった。

Credit:Newton

 だが、Newtonを使い始めたことで、すべてが一変した。それまでの苦行が、いくらか楽しい作業に変わった。Newtonのすっきりとしたデザインと、強力な機能のおかげだ。特にWindowsでは、これに肩を並べられそうなソフトはなかった。今に至るまで、Windowsは電子メールツールの不毛の地で、残念なアプリばかりだ。指定した日時にメールを送信できるスケジューリング機能や、開封通知機能など、パワーユーザー向けの機能を加味すると、Newtonが年50ドルという利用料金を設定したことは理にかなっていた。

 悲しいかな、Newtonが消え去ることで、事態は変わる。創業者で最高経営責任者(CEO)のRohit Nadhani氏は、Newtonの終了を伝えるブログ記事の中で、Newtonをビジネスとしてうまく成立させていくことができなかったと心情を吐露し、米Google、米Microsoft、米Appleがコンシューマー向けメールアプリ市場で強大な勢力を誇っているという点を強調している。しかし、Newtonを使ったことがある人なら、こうした主流各社のサービスやアプリがNewtonの代わりにならないことはお分かりだろう。Newtonは、こうした他社にはない特長(あるいは他社がうまくまねできない特長)を備えていた。今回我々は何を失うのか、そして、現時点でNewtonに代わる適切な選択肢がない理由はなぜなのか、見ていくことにしよう。

↑ページ先頭へ