TOPNetwork > ソーシャルメディアと荒らし行為、終焉への道(下)

Network

ソーシャルメディアと荒らし行為、終焉への道(下)

2018/10/05

Mike Elgan Computerworld

 パスポートの中で保護されている電子情報と、ブロックチェーンのアイデアを組み合わせて、ユーザー認証に利用すれば、ユーザー本人を一意に特定できる。それによって、コメント欄での荒らし行為を終わらせることが可能になる。

 このアイデアの唯一の問題は、パスポートを持っていない人もいることだ。

 それでも、Trollteqが競合他社の奮起につながることを筆者は願っている。企業各社は、ソーシャルなコミュニケーションをソーシャルネットワークから自社サイトに移す確実な方法、そして荒らしを寄せ付けない確実な方法を必要としている。

 ソーシャルメディアは大きな問題になっている。今こそ、顧客をソーシャルネットワーキングの荒野から取り戻し、自社のサイト上で、自社なりのやり方で関わり合うべき時だ。

 そして今度こそ、荒らしを撃退しよう。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ