TOPNetwork > ブロックチェーン送金ネットワーク、銀行での実利用は進むか(後...

Network

ブロックチェーン送金ネットワーク、銀行での実利用は進むか(後)

2018/10/18

Lucas Mearian Computerworld

 JP Morganは昨年、ブロックチェーンを基盤とする最大規模の銀行間送金ネットワークとされる「Interbank Information Network(IIN)」を発表した。コンプライアンスやデータ関連の照会への対応にかかっていた時間を大幅に減らし、送金を迅速化できるとしている。

 だが、法定通貨を担保にしたデジタル通貨であれば、その決済のプロセスには、中央機関、すなわち中央銀行が引き続き必要だ。

 今のところ、ブロックチェーンを使ったクロスボーダー送金を推進している各社は、決済の観点でなぜそれが必要なのかという明確な理由を定義できていないとChesini氏は言う。手元資金には依然として中央銀行機関が必要だという点を指摘し、同氏は次のように述べた。

 「負債と対になる資産を扱っているのだから、それをなくすことは決してできない。だから私は、対になる負債のある現実資産の取引にブロックチェーン技術を使うことに極めて懐疑的だ」

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ