TOPSoftware > バグ発見イベントで報奨金獲得に挑むハッカーの思いは(下)

Software

バグ発見イベントで報奨金獲得に挑むハッカーの思いは(下)

2018/12/07

George Nott Computerworld Australia

 だが、トップクラスの知識とスキルを維持していくには、かなりの時間と専念が必要だ。

 「自分を毎日アップデートしていかないと、後戻りを余儀なくされる」とBaptista氏は言う。

 今回集まった面々は、闇市場でならもっと大きな稼ぎを得られるかもしれない。自分の発見した情報を、邪悪な目的のために売り飛ばせばよいのだ。しかし、それには甚大なリスクが伴う。

 「ブラックハットで捕まるリスクは割に合わない。我々は合法的な稼ぎを得ている」と話すSousa氏は、お気に入りのサイトで見つけたセキュリティホールについて、匿名かつ無料で連絡することがよくあるという。

↑ページ先頭へ