TOPSoftware > バグ発見イベントで報奨金獲得に挑むハッカーの思いは(下)

Software

バグ発見イベントで報奨金獲得に挑むハッカーの思いは(下)

2018/12/07

George Nott Computerworld Australia

 ハッカーたちは、報奨金や特典もさることながら、「セキュリティの精鋭への仲間入りを果たし、頭一つ抜け出たいと考えている」とHaddix氏は言う。

 Baptista氏はこう話す。「極めて深刻で大規模な脆弱性を見つけたこともある。力を持っていても、悪のためには使わない。我々には大きな力がある」

 幸いなことに、今回集まったハッカーの面々は、自らの力を善のために使うことを選んだ。

 「お金だけの問題ではない。すべての人のためにインターネットの安全を守ることが肝心だ」とSousa氏は言う。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ