TOPソーシャル > 企業にとってGoogleマップが最高のソーシャルネットワーク...

ソーシャル

企業にとってGoogleマップが最高のソーシャルネットワークになる理由(前)

2018/12/11

外部筆者

 一方Facebookはというと、企業が利用するうえでの魅力は、Twitterよりさらに落ちる。

 このところ、Facebookを取り上げた報道で出てくるのはひどい話ばかりだ。しかも、ますますひどくなっているように思える。不正操作、追跡、乱用、不誠実、無能力といった話題で、同社は非難を受けている。

 最近、PRという面で打撃を与えたのは、米New York Times(NYT)が11月14日に報じた痛烈な調査記事だ。2016年の米大統領選を前にしたロシアの介入工作に関して、Facebookの幹部が真実をまず無視し、次に隠したというものである。

 FacebookのSheryl Sandberg最高執行責任者(COO)は、自らのFacebookへの投稿で、この記事に反論し、自身の行動について弁明した。

 NYTの記事が報じた問題はもう1つある。FacebookがDefiners Public AffairsというPR会社と契約を結び、Facebookにとって都合の良い誤情報を広めさせたというものだ。これに対しFacebookは、11月15日の公式ブログ記事で、偽記事の執筆をDefinersに委託したことはないと反論した。また、同社との契約を打ち切ったことを明らかにした。

↑ページ先頭へ