TOPSoftware > ウエアラブルデバイスの「キラーアプリ」は仮想アシスタント、そ...

Software

ウエアラブルデバイスの「キラーアプリ」は仮想アシスタント、そのワケは(後)

2017/12/14

Mike Elgan Computerworld

 香港のスタートアップ企業Origami Labsは、音声を聞くことができるスマートリング(指輪型のウエアラブルデバイス)を開発した。指を耳にあてると、骨伝導で音が聞こえる。

 AI搭載のウエアラブルデバイスで今後最も興味深いジャンルはスマートグラス(眼鏡型デバイス)だ。現時点では、マイナーな製品がいくつか存在するジャンルだが、仮想アシスタントを搭載したスマートグラス時代の真の始まりを告げるのは、英Financial Timesが間もなく登場と報じたAmazonの製品となりそうだ。

 また、筆者が過去のコラムで取り上げたように、Appleなどの企業からAR(拡張現実)スマートグラスが登場したら、そのデバイスを装着している間はいつでも仮想アシスタントにアクセスできることになる。

 こうした製品のほかにも、好みの仮想アシスタントに即座にアクセスできるウエアラブルデバイスが、今後数年の間に数多く登場するはずだ。

 法人分野では、AI搭載のウエアラブルデバイスによって、モバイルアプリが大幅に強化されるだろう。さらに、ウエアラブルデバイスで実現されるセキュリティもある。

↑ページ先頭へ