TOPNetwork > BlackBerryのCylance買収、セキュリティ界の懸...

Network

BlackBerryのCylance買収、セキュリティ界の懸念の背景は(前)

2018/12/18

J.M. Porup CSO

 カナダBlackBerryは、携帯端末事業が沈み行く中、セキュリティ企業への転身を進めてきた。11月16日には、機械学習ベースのマルウエア対策製品を手がける米セキュリティ企業Cylanceを14億ドルで買収することを発表している。

Martyn Williams/IDGNS

 BlackBerryは、Cylanceのマルウエア対策ソリューションを「BlackBerry Spark」のプラットフォームに統合する計画だ。BlackBerryの発表文によると、BlackBerry Sparkは、「自動車、企業、スマートシティのエンドポイント間を流れるデータの安全性、プライバシー、信頼を確保するための戦略の中心を担う」とのことだ。

 高い評価を受けているCylanceのマルウエア対策サービスをIoTデバイスに取り入れることは、IoTセキュリティにとって大きな成果かもしれない。しかし、BlackBerryのJohn Chen最高経営責任者(CEO)が「合法的アクセス」に対して示してきた姿勢を踏まえて、セキュリティコミュニティには、Chen氏やBlackBerryに対する懐疑的な見方も多い。

↑ページ先頭へ