作業服チェーンのワークマンは、データ経営を急ピッチで進めている。データ分析を駆使してサプライチェーン業務を効率化し、収益性を高める。ここから生み出した稼ぎを従業員にも還元し、士気向上を図る。データ経営こそが元気で強い会社になるための近道。こうした信念で変革を進めているのが、土屋哲雄常務取締役だ。

この先は日経 xTECH有料会員の登録が必要です。