IoT、AI、働き方改革に重点

 計画の重点施策も紹介された。徳島県は「知事から意見が出され、県の強みや特色を生かした政策、IoT、ビッグデータ、AIを活用したインダストリー4.0を先導するような政策を盛り込んだ」(経営戦略部電子行政推進課の山住健治情報セキュリティ担当室長)。京都府は「働き方改革の観点からも職員の生産性向上は非常に重要。長期的には職員数の相当な削減が避けられず、ICT、IoT、AIの活用による住民満足度・幸福度の向上を目指して、計画の内部調整を進めている」(原田氏)。

 長崎県は、耐震性やセキュリティを強化した新庁舎のサーバー室を活用した施策を進める。「クラウドサービスを民間や大学に提供するのが官民協働クラウドで、2018年度に運用を始めた。官の資産を民間に使ってもらう発想だ」(総務部情報政策課の森太地主任主事)。

森 太地氏
長崎県 総務部 情報政策課 主任主事

 最後に内閣官房の浦上氏が発言。「計画策定の手引きは、今後も自治体の悩みに応えながら修正・改定していく予定だ。市町村は規定上、国の計画に則し都道府県の計画を勘案して計画を策定することになっている。もし市町村が先行した結果として都道府県計画との不整合が生じるなら、やる気がある団体と認識して意見を聞いて、逆に県の計画に反映させるなどの努力をしてほしい」と訴えた。

注9)KPI
Key Performance Indicatorの略。重要業績評価指標。