新商品・サービス企画に役立つ、いままでにない消費予測レポート。

少子高齢化が進行する日本は、今後世界が体験したことのない社会の変化に直面します。
結婚しない人や高齢者の一人暮らしが主流になり、収入減による貯蓄の切り崩しが始まり、働き方も変わっていくでしょう。
変化が引き金となり、消費行動は変容していきます。
『消費トレンド2014-2018』は、統計や独自調査を基に「マクロ環境がどう変化していくか」をひも解きながら、
消費トレンドの未来を考察します。
『若者研究2014-2018』は、日本とアジアの若者を定性調査し、若者が生み出す新しい消費のうねりを分析・予測します。