働き方の大変革、 日本はどうなる!?

人と仕事の未来2019-2028
オンラインサービス体験できます!

AI大量失業は起きない。人手不足にはならない。10業種の働き方の変化と新ビジネスの未来を予測。

超高齢化と労働生産人口の減少、AI(人工知能)やロボットによるスマート化・自動化、さらに個人化、社会化、超人化、オープン化といったメガトレンドの中で、「人と仕事」そして組織の姿は大きく変わっていきます。この10年で人の働き方はどのように変化し、企業・産業はどのような変遷をたどるのか—。本書は2028年の人、仕事、組織の姿を予測します。自動化に加え、働き手を増やす増員化、より創造的かつハイタッチな仕事をする高度化、いつでも、どこでも、だれとでも仕事ができる最適化が同時進行するため、2028年には人手不足にはならず、AIによる大量失業も起きません。全体像に続いて、モビリティ、メーカー、アグリカルチャ、コンストラクション、ロジスティックス、ヘルスケア、リテール、ファイナンス、IT、ソーシャルサービスの10業種ごとの未来像を描き出します。さらに、働き方の変化に伴って生まれる50の新ビジネスをワークプレイス(働く場)、ワーキングプロセス(働き方)、ソーシング(採用、調達)、エンパワーメント(能力強化)、マネジメント(人財管理)の5分野について提示します。

医療・ヘルスケア産業のロードマップ

医療・ヘルスケア産業のロードマップ
医療・ヘルスケア産業のロードマップ

ソーシング分野の課題展開図

ソーシング分野の課題展開図
ソーシング分野の課題展開図
中身読めます!人と仕事の未来2019-2028特別編集版
無料ダウンロード

『人と仕事の未来2019-2028』 目次

第1章 総論

1-1. エグゼクティブサマリー

2028年、人手不足は緩和され、現在危惧されている深刻な状況にはならない。AI(人工知能)やロボットは人手不足の対策として積極活用され、人と仕事を大きく変えるが、それによる大量失業は起きない。本レポートは「知識地図」と呼ぶ手法を使い、人、仕事、組織、テクノロジー、社会など諸要素の関連と影響を可視化し、人と仕事の未来を予測している。

  • 1-1-1. 2028年の「人と仕事」
  • 1-1-2. 予測方法・知識地図
  • 1-1-3. 各章の関連と概要

1-2. 人と仕事の動かしがたい未来

2028年に向かって人と仕事を展望すると、不可避のトレンドが見え、動かしがたい未来が浮かび上がってくる。すでに再三指摘されたことだが少子化により働き手が減っていく。その一方、社会の成熟により、個人主義の台頭と持続可能性などへの配慮といった一見相反する動きが顕著になっていく。テクノロジーがさらに進展し、人間そのもの(超人化)、ビジネス(スマート化・サービス化)、社会(オープン化・都市化)に影響を与え、人と仕事を大きく変えていく。

  • 1-2-1. 少子化
  • 1-2-2. 長寿化
  • 1-2-3. 個人化
  • 1-2-4. 社会化
  • 1-2-5. 超人化
  • 1-2-6. スマート化
  • 1-2-7. サービス化
  • 1-2-8. オープン化
  • 1-2-9. 都市化
  • 1-2-10. 赤字化
第2章 人と仕事で打たざるを得ない対策

働き手が増えないまま、税収減、年金増による財政逼迫が危機的事態に至らないようにするには、人と仕事に対し、四つの手を打たざるを得ない。働き手の「増員化」、一人ひとりの仕事の「高度化」、複数の人が適材適所で仕事をする「最適化」、機械がこなせることは機械に任せる「自動化」である。これまで仕事から離れていた高齢者、女性、外国人などに対し、働きたい時に希望する場所で働く機会と場所が用意される。AI(人工知能)やロボットに作業を任せ、人は付加価値の高い仕事、人ならではの仕事に注力するようになる。

2-1. 今後進む4つの対策

  • 2-1-1. 増員化
  • 2-1-2. 高度化
  • 2-1-3. 最適化
  • 2-1-4. 自動化
第3章 2028年の人と仕事

2028年、働きたい人が全員働けるようになる。AIを駆使し、これまで以上のパフォーマンスを出す人もいれば、希望するときに数時間だけ働く人もいる。人間の五感や直観を活かした創造的な仕事、社会に役立つ何かを企画し、進めていく先見的な仕事が増える。人と人の接触が不可欠なハイタッチワークへの移行も進む。組織は自分なりのビジョンを掲げ、それに共感する多様になる働き手を臨機応変に集め、情報共有を図りつつ、チームとして動かしていく。

3-1. 人と仕事の未来像

  • 3-1-1. 大企業の未来
  • 3-1-2. 中堅中小企業の未来
  • 3-1-3. マイクロ企業の未来
  • 3-1-4. 新たに生まれる仕事

3-2. 2028年の人・仕事・組織

  • 3-2-1. 2018年の人 ~ 全員が働ける
  • 3-2-2. 2028年の仕事 ~ 人間らしく
  • 3-2-3. 2028年の組織 ~ 人を大事に
第4章 業種別に見た2028年の人と仕事

10の業種、産業に分けて、2028年の人と仕事を予測する。産業界の構造変化、そこにおける仕事と組織の変化、新たに生まれる業務と職種、不要になる作業と職種を、順に展望する。

4-1. モビリティ

  • 4-1-1. サマリ
  • 4-1-2. モビリティ産業の将来展望
  • 4-1-3. モビリティの新たな事業機会

4-2. メーカー

  • 4-2-1. サマリ
  • 4-2-2. メーカーの現状
  • 4-2-3. 2028年に向けたメーカーの選択肢
  • 4-2-4. 2028年に向けた組織のマネジメントと働き方

4-3. アグリカルチャ

  • 4-3-1. サマリ
  • 4-3-2. アグリカルチャ業界の現状
  • 4-3-3. 2028年までのキーワード
  • 4-3-4. 人や仕事の変化
  • 4-3-5. 展望と課題

4-4. コンストラクション

  • 4-4-1. サマリ
  • 4-4-2. コンストラクション業界の現状
  • 4-4-3. 2028年までのキーワード
  • 4-4-4. 人や仕事の変化
  • 4-4-5. 10年後の土木技術者
  • 4-4-6. 災害と地政学という視点

4-5. 物流

  • 4-5-1. サマリ
  • 4-5-2. 物流業界の現状
  • 4-5-3. 2030年に向けて物流業界はどう変わるか
  • 4-5-4. 物流業界の人々の働き方・雇用にどう影響するか

4-6. ヘルスケア

  • 4-6-1. サマリ
  • 4-6-2. ヘルスケア業界の現状
  • 4-6-3. 2028年に向けての変化
  • 4-6-4. 人と働き方の変化

4-7. リテール

  • 4-7-1. サマリ
  • 4-7-2. リテール産業の将来展望
  • 4-7-3. 商品と店舗の近未来

4-8. ファイナンス

  • 4-8-1. サマリ
  • 4-8-2. 金融サービス業、今後10年のロードマップ
  • 4-8-3. 10年後の金融サービス、4つのビジネスモデル

4-9. IT

  • 4-9-1. サマリ
  • 4-9-2. IT産業、今後10年のロードマップ

4-10. ソーシャルビジネス

  • 4-10-1. サマリ
  • 4-10-2. ソーシャルビジネスの現状
  • 4-10-3. 2028年に向けたキーワード
  • 4-10-4. 人と働き方の変化
第5章 2028年に向けて登場する新ビジネス

2028年に向けて人と仕事が変化するのに伴い、新たなビジネスが多数生まれる。人と仕事に関わる新ビジネスを5つの分野に分けて展望する。仕事と生活の場を融合させる新ビジネス、顧客、組織内の働き手、パートナーのコラボレーションを支える新ビジネス、多様な人財を探し、仕事を依頼できるようにする新ビジネス、一人ひとりの力を向上させるエンパワーメント新ビジネス、新たなステージに入った人と仕事をマネジメントするための新ビジネスが登場してくる。

5-1. ワークプレイス

「働くための機能」が備わった住空間作り / 住宅向け情報セキュリティソリューション / 在宅勤務向けコラボレーション技術 / 新しい働き方を実現する住空間づくりアドバイザー / 都心部の中小ビルの再生 / 移動型オフィス(自動車、バス、鉄道など) / リゾート型オフィス / エリア管理アナリスト / 居ると健康で創造的になるオフィス / ステークホルダー指向型オフィス / マインドフルネススタジオ / 森林や農園と一体化されたワークプレイス / ベビーテック対応型オフィス / オフィスデータアナリスト / 自社オフィスの存在意義が問われる / 居ると健康で創造的になるオフィス / ステークホルダー指向型オフィス / マインドフルネススタジオ / 森林や農園と一体化されたワークプレイス / ベビーテック対応型オフィス / オフィスデータアナリスト

5-2. ワーキングプロセス

ロボットインテグレーション / 議事録ボット / AIアシスタント / ソフトウエアロボット人事部 / ロボットインテグレーター / ソフトウエアロボットエンジニア / ムダ会議をなくすソリューション / ビジネスアジリティ・アナリティクス / ビジネスのコンシェルジュ化と実店舗の再定義 / 店舗体験デザイナー / 新・カリスマ店員 / ビジネスアジリティ・アナリスト / ケースマネジャー

5-3. ソーシング

リクルーティング(採用)テック / 若手向け経営者教育研修 / 人材キュレーター / 働き手の市場価値算出サービス / フリーランス向けキャリアライフ形成支援サービス / フリーランス向け職業生活安定化サービス / 外国人向けサポートサービス / フリーランス専門サポーター

5-4. エンパワーメント

ブレインフィットネス / EdTechとブレインフィットネスの融合 / スキルアップブートキャンプ / スマートキッチン / ブレインフィットネス・トレーナー / 仮想秘書 / 「仕事ログ」を自動分析し気づきを促す / 生体データを生産性向上に活かす / 自分の「デジタルツイン」が形成される / 高齢ワーカー向けの視覚・聴覚補助 / ヒューマンデータ分析官 / 心理的援助サービス(セラピスト、心理カウンセラー、コーチ、メンター) / マインドフルネス講座 / 癒やし系サービス(アロマセラピー、音楽療法、アーユルヴェーダなど) / 「デジタルフィットネスクラブ」が健康志向の強い層から支持 / 「メンター」のニーズが高まる

5-5. マネジメント

明るい監視サービス / 外部人材も一緒にタレントマネジメント / リアルタイムフィードバック / 最高Well-being責任者(CWO)および Well-beingオフィス / 職場インサイト分析官 / CWO(最高Well-being責任者、 Chief Well-being Officer) / ナレッジ継承システム / 後継者向け新事業創造トレーニング / ナレッジ編纂者

※目次は変更になる場合があります。

AI大量失業は起きない。人手不足にはならない。10業種の働き方の変化と新ビジネスの未来を予測。 人と仕事の未来2019-2028
書籍のみ購入する
書籍とオンラインサービスのセットを購入する
オンラインサービスを「体験」できます。いますぐデモサイトへ
入力した検索キーワードの「関連キーワード」「関連企業」が分かる
図表の解説文を分析図表だけを探せる
「テキスト検索」「レポート閲覧」もすぐできる
出典や説明文も一緒にボタン1つでパワポに出力
  • ●ご契約期間はサービス登録完了メール配信から1年間となります。
  • ●「書籍とオンラインサービスのセット」でのご提供となります。オンラインサービスのみの販売はいたしません。予めご了承ください。
  • ●オンラインサービスは、お申し込み後に登録が必要です。お申し込みいただいた後、「オンラインサービスの使い方と登録についての説明キット」をお送りします。
  • ●オンラインサービスは1セットの購入に1名分のアクセス権の付与となります。ご利用される人数が2名以上の場合は別途営業担当者より法人プランをご案内差し上げます。

オンラインサービスで提供するコンテンツは下記のシーンに限りご利用いただけます。

1. 少部数の資料・報告書の作成のため部分的に利用する場合(例:十数人規模の会議資料や社内資料(報告書)など、内部的資料へのコンテンツの部分利用、特定取引先への企画書など、多数を対象としない対外的資料へのコンテンツの部分利用)2. コンテンツに含まれるデータを元に、会員自身の資料内に独自の図表を作成する場合、利用の際には、必ず出所(出典)を明記してください。また、下記に定める行為など不特定多数にコンテンツを閲覧させることや、コンテンツを複製、譲渡、貸与、公衆送信等することはできません。(1)コンテンツを含むデータファイルを部署外や社外に配信・転送すること(2)社内LAN(イントラネット)またはインターネット上のサーバーにデータファイルを保存すること(3)許諾される範囲を超えて複製、譲渡又は貸与すること(4)上記のほか、コンテンツを法令に抵触する方法で利用すること。このほか、上記以外の利用(書籍やインターネット、広告、販促パンフレット、セミナー/研修、イントラネット等への転載など)において、コンテンツを商用転載する場合は、その都度事前に転載申請の手続きが必要です。本規約に基づく許諾範囲を超える転載などは基本的に有料となります。商用転載を希望する場合は、日経BP著作権窓口へご連絡ください。無断転載は著作権法違反となります。なお、ご連絡いただいた場合でも、利用をお断りするケースもございますので、あらかじめご了承ください。

未来ラボ 2019新刊レポート

既刊レポートはこちら

人工知能の未来2018-2022
購入する
人工知能ビジネス2018
購入する


人工知能の未来&ビジネス2018
購入する