根拠を元に独自予測。モビリティーの未来2019-2028
オンラインサービス体験できます!

EV、自動運転、コネクテッド…。その後のモビリティーはどう進化するのか?
世界の実証実験と研究開発事例からポストCASE時代のモビリティーを見通す

 現在、自動車業界は「100年に一度の変革期」にあると言われています。その原動力は「CASE」と呼ばれる「コネクテッド」「自動運転」「シェア&サービス」「電動化」の四つの技術革新です。ではクルマの電動化とコネクテッド化が進み、自動運転が実用化し、モビリティーサービスが普及すればそれでクルマの進化は終わりなのでしょうか?
 本レポートは、ポストCASE時代のモビリティーがどう進化するかを独自の手法で予測したものです。具体的には世界で実施されているモビリティー分野での実証実験から将来のモビリティーに期待されるニーズを探り、一方で日米欧の研究機関が注力するモビリティーに関連する研究開発テーマから注目されるシーズ技術を調査し、抽出したニーズとシーズを掛け合わせることによって、20の未来像を描き出しています。ポストCASE時代のモビリティーはどのように進化するのか、未来のモビリティービジネスを考えるうえで、必携のレポートです。

捉え方のフレームワーク

21の「世界の実証実験」から「未来の提供価値」を発見し、
27の「主要国のR&D投資」から「未来の機能」を予測し、マッチングさせることで、
20の「モビリティーの未来像」を特定。

中身読めます『モビリティーの未来2019-2028』特別編集版

無料ダウンロード

『モビリティーの未来2019-2028』 目次

プロローグ
本書の構成
第1章. EYが予測するモビリティーの未来像
  • 1-0. 本章の構成
  • 1-1. 自己修復できるモビリティー
  • 1-2. 乗り物酔いしないモビリティー
  • 1-3. 地域電力を担うモビリティー
  • 1-4. 伸縮可能なモビリティー
  • 1-5. どんな姿勢でいても安全なモビリティー
  • 1-6. 自律走行パーソナルモビリティー
  • 1-7. 脳波で制御するパーソナルモビリティー
  • 1-8. 陸海空を自在に移動できるモビリティー
  • 1-9. 人の嗜好や心情を理解するモビリティー
  • 1-10. 周囲の風景を自在に表示できるモビリティー
  • 1-11. 廃棄物系バイオマスで動くモビリティー
  • 1-12. 飛び出し時に緊急回避できるモビリティー
  • 1-13. 車室空間が変形可能なモビリティー
  • 1-14. 着せ替え可能なモビリティー
  • 1-15. パーソナライズドマルチモーダル連携モビリティー
  • 1-16. 交通インフラ自動修復モビリティー
  • 1-17. コミュニティーを形成するモビリティー
  • 1-18. 乗員ごとに最適化された気温コントロール自在モビリティー
  • 1-19. パーソナル空間生成モビリティー
  • 1-20. ラストワンマイル配送モビリティー
第2章. グローバルにおけるモビリティー関連実証実験
  • 2-0. 本章の構成
  • 2-1. 自己修復できるモビリティー
    2-1-1. 自動走行データを用いた車体遠隔診断の実証実験
  • 2-2. 乗り物酔いしないモビリティー
    2-2-1. 観光バス内における乗り物酔いおよびVR酔いの実証実験
  • 2-3. 地域電力を担うモビリティー
    2-3-1. EVを活用したスマートグリッドの実証実験
  • 2-4. 伸縮可能なモビリティー
    2-4-1. 需給バランスに応じて車両数を調整する三輪EVの実証実験
  • 2-5. どんな姿勢でいても安全なモビリティー
    2-5-1. 自動運転車の公道走行の実証実験
    2-5-2. 公道における自動運転車の実証実験
  • 2-6. 自律走行パーソナルモビリティー
    2-6-1. 空港での乗客・乗員向け自動運転の実証実験
  • 2-7. 脳波で制御するパーソナルモビリティー
    2-7-1. 自動運転車椅子の実証実験
  • 2-8. 陸海空を自在に移動できるモビリティー
    2-8-1. フライングタクシーの実証実験
  • 2-9. 人の嗜好や心情を理解するモビリティー
    2-9-1. 音声・視線・ジェスチャーで操作できる自動運転車の実証実験
  • 2-10. 周囲の風景を自在に表示できるモビリティー
    2-10-1. コネクテッドカーにおける他車との通信技術の実証実験
  • 2-11. 廃棄物系バイオマスで動くモビリティー
    2-11-1. 使用済み食料油をトラックエンジンに使用する実証実験
  • 2-12. 飛び出し時に緊急回避できるモビリティー
    2-12-1. 公道の指定エリアにおける自動運転車の実証実験
  • 2-13. 車室空間が変形可能なモビリティー
    2-13-1. 自動運転車の実証実験
  • 2-14. 着せ替え可能なモビリティー
    2-14-1. 自動運転車による輸配送の実証実験
  • 2-15. パーソナライズドマルチモーダル連携モビリティー
    2-15-1. 公共交通機関、カーシェアリング、レンタカー、タクシーのモーダル間連携の実証実験
  • 2-16. 交通インフラ自動修復モビリティー
    2-16-1. コネクテッドカーに向けた5Gの実証実験
  • 2-17. コミュニティーを形成するモビリティー
    2-17-1. 自動運転シティーの実証実験
  • 2-18. 乗員ごとに最適化された気温コントロール自在モビリティー
    2-18-1. 高齢者向け乗り合いサービスの実証実験
  • 2-19. パーソナル空間生成モビリティー
    2-19-1. 遊休車両を有効活用した乗り合い送迎サービスの実証実験
  • 2-20. ラストワンマイル配送モビリティー
    2-20-1. 配送サービスを行う陸上ドローンの実証実験
第3章. 日欧米の研究機関が注力するモビリティーR&D
  • 3-0. 本章の構成
  • 3-1. 自己修復できるモビリティー
    3-1-1. パーツを自己修復する
     3-1-1-1. パンクしても自己修復する透明なゴム
  • 3-2. 乗り物酔いしないモビリティー
    3-2-1. 乗り物酔いを防ぐ
     3-2-1-1. 光で乗り物酔いを防ぐシステム
     3-2-1-2. 優れた乗り心地を実現するサスペンション
  • 3-3. 地域電力を担うモビリティー
    3-3-1. モビリティーに貯蔵できるエネルギー量を増やす
     3-3-1-1. フレームとキャパシタを一体化したクルマ
  • 3-4. 伸縮可能なモビリティー
    3-4-1. 車体が伸縮可能
     3-4-1-1. 折り畳み式自動車
     3-4-1-2. 伸び縮みするクルマ
  • 3-5. どんな姿勢でいても安全なモビリティー
    3-5-1. 衝撃を吸収する
     3-5-1-1. 高速・強衝撃で柔らかくなるプラスチック
  • 3-6. 自律走行パーソナルモビリティー
    3-6-1. 3Dマップを簡易的に作成し、自律的に走行する
     3-6-1-1. 自律走行車椅子
    3-6-2. 地図なしで自律走行する
     3-6-2-1. 地図にない道を走行するシステム
  • 3-7. 脳波で制御するパーソナルモビリティー
    3-7-1. 脳波でモビリティーを制御する
     3-7-1-1. 脳波による自動車制御
  • 3-8. 陸海空を自在に移動できるモビリティー
    3-8-1. 陸上と空中を組み合わせて移動する
     3-8-1-1. 空飛ぶクルマ
    3-8-2. 陸上と水上を組み合わせて移動する
     3-8-2-1. 無限軌道で走る水陸両用車
    3-8-3. 陸上のどのような地形でも移動する
     3-8-3-1. 無限軌道に変形するタイヤホイール
     3-8-3-2. 起伏地形での安定走行を実現するサスペンション
  • 3-9. 人の嗜好や心情を理解するモビリティー
    3-9-1. 身体の触覚情報から個人を認証する
     3-9-1-1. 尻紋で生体認証するシート
  • 3-10. 周囲の風景を自在に表示できるモビリティー
    3-10-1. カーディスプレイで視力補正する
     3-10-1-1. 視力補正機能を持つディスプレイ
    3-10-2. バックする際に後部座席を透明にする
     3-10-2-1. 後部座席が透明になるシステム
  • 3-11. 廃棄物系バイオマスで動くモビリティー
    3-11-1. 廃棄物系バイオマスで発電する
     3-11-1-1. 排水油脂で発電するバイオマス発電車
  • 3-12. 飛び出し時に緊急回避できるモビリティー
    3-12-1.スリップ時にドリフトをコントロールする
     3-12-1-1. 自律的にドリフトができるEV自動運転車
  • 3-13. 車室空間が変形可能なモビリティー
    3-13-1. 体形や気分に応じて車内空間が変形する
     3-13-1-1. 体形や気分に応じて変形するシート
  • 3-14. 着せ替え可能なモビリティー
    3-14-1. 用途に応じて内装を着せ替えできる
     3-14-1-1. 着せ替え式内装
  • 3-15. パーソナライズドマルチモーダル連携モビリティー
    3-15-1. マルチモーダルで移動ルートを検索する
     3-15-1-1. マルチモーダル連携検索アプリ
  • 3-16. 交通インフラ自動修復モビリティー
    3-16-1. 道路の劣化情報を検知する
     3-16-1-1. 道路の劣化情報を検知するモビリティー
  • 3-17. コミュニティーを形成するモビリティー
    3-17-1. 住宅が移動する
     3-17-1-1. 動くリビングルーム
  • 3-18. 乗員ごとに最適化された気温コントロール自在モビリティー
    3-18-1. 車室内の温度を自動調整する
     3-18-1-1. 能動的に温度調整可能なスマートファブリック
  • 3-19. パーソナル空間生成モビリティー
    3-19-1. プライベート空間を作り出す
     3-19-1-1. スマート調光ガラス
  • 3-20. ラストワンマイル配送モビリティー
    3-20-1. ラストワンマイルで配送物を自動配送する
     3-20-1-1. 自律走行自動配送ロボット
第4章. モビリティーに関連する周辺技術
  • 4-0. 本章の構成
  • 4-1. モーター
    4-1-1. 高出力ハイブリッド界磁モーター
    4-1-2. 振動しない高速ブラシレスDCモーター
    4-1-3. 減速機構内蔵モーター
    4-1-4. 永久磁石ベアリングレスモーター
    4-1-5. EV・HEV向けワイヤレスインホイールモーター
    4-1-6. モーターと減速機を内蔵したアクチュエーター
  • 4-2. 減速機
    4-2-1. 円錐形状のベアリングを持つヘリカル減速機
    4-2-2. ハイブリッド減速機
    4-2-3. ゴムローラーを偏心入力とした揺動減速機
    4-2-4. ハイブリッド型磁気遊星歯車
  • 4-3. アクチュエーター
    4-3-1. 柔らかく膨らむソフトアクチュエーター
    4-3-2. 液晶エラストマー製アクチュエーター
    4-3-3. 磁界で制御するバッテリー不要の小型アクチュエーター
    4-3-4. ゼラチン製ソフトアクチュエーター
    4-3-5. PVCゲル製ソフトアクチュエーター
EV、自動運転、コネクテッド…。その後のモビリティーはどう進化するのか? 世界の実証実験と研究開発事例からポストCASE時代のモビリティーを見通す モビリティーの未来2019-2028
書籍のみ購入する 書籍とオンラインサービスのセットを購入する

図表も検索!パワポに出力!「すごい企画書」出来ます。 オンラインサービス

オンラインサービスを「体験」できます。
いますぐデモサイトへ

資料作成時間を「大幅削減」!

入力した検索キーワードの
関連キーワード
関連企業」が分かる

図表の解説文を分析
図表だけを探せる

テキスト検索
レポート閲覧」もすぐできる

出典や説明文も一緒に
ボタン1つでパワポに出力

  • ご契約期間はサービス登録完了メール配信から1年間となります。
  • 「書籍とオンラインサービスのセット」でのご提供となります。オンラインサービスのみの販売はいたしません。予めご了承ください。
  • オンラインサービスは、お申し込み後に登録が必要です。お申し込みいただいた後、「オンラインサービスの使い方と登録についての説明キット」をお送りします。
  • オンラインサービスは1セットの購入に1名分のアクセス権の付与となります。ご利用される人数が2名以上の場合は別途営業担当者より法人プランをご案内差し上げます。

オンラインサービスで提供するコンテンツは下記のシーンに限りご利用いただけます。

1. 少部数の資料・報告書の作成のため部分的に利用する場合(例:十数人規模の会議資料や社内資料(報告書)など、内部的資料へのコンテンツの部分利用、特定取引先への企画書など、多数を対象としない対外的資料へのコンテンツの部分利用)2. コンテンツに含まれるデータを元に、会員自身の資料内に独自の図表を作成する場合、利用の際には、必ず出所(出典)を明記してください。また、下記に定める行為など不特定多数にコンテンツを閲覧させることや、コンテンツを複製、譲渡、貸与、公衆送信等することはできません。(1)コンテンツを含むデータファイルを部署外や社外に配信・転送すること(2)社内LAN(イントラネット)またはインターネット上のサーバーにデータファイルを保存すること(3)許諾される範囲を超えて複製、譲渡又は貸与すること(4)上記のほか、コンテンツを法令に抵触する方法で利用すること。このほか、上記以外の利用(書籍やインターネット、広告、販促パンフレット、セミナー/研修、イントラネット等への転載など)において、コンテンツを商用転載する場合は、その都度事前に転載申請の手続きが必要です。本規約に基づく許諾範囲を超える転載などは基本的に有料となります。商用転載を希望する場合は、日経BP著作権窓口へご連絡ください。無断転載は著作権法違反となります。なお、ご連絡いただいた場合でも、利用をお断りするケースもございますので、あらかじめご了承ください。

全てのレポートはこちら