Linkers Research リンカーズリサーチ

生体センシング
最前線

生体データを計測する「生体センシング」。
今もっとも注目されるその技術を、
3つの視点からまとめました。
ヘルスケア編 モビリティー編 製造/建設/マーケティング編
あらゆる産業で重要度が高まる
「生体センシング技術」の最前線
生体センシングがユーザーに
価値を提供するまでの流れ

3つの
キーワード

シグナル
センシング

データ分析・
モニタリング

結果解釈
アクションの示唆

利便性向上

1

小型化
非接触型
1端末での対応
スマートフォンで対応

エッジコンピューティング
暗号化によるセキュリティー保護

スマートフォンで
結果確認

センシング
技術の高度化

2

継続的な技術開発による測定精度向上

AIを活用した複数シグナルの
統合的な分析とデータ解釈

ビジネス
モデルの変化

3

「デバイス売り切り」から「サービス売り」のシフトを支える技術開発

『生体センシング最前線 ヘルスケア編』
「第1章 技術開発の直近動向」を基に作成
お問い合わせ
生体センシング最前線 ヘルスケア編
生体センシング最前線 モビリティー編
生体センシング最前線 製造/建設/
マーケティング編
生体センシング最前線
ヘルスケア編
著者:リンカーズ オープンイノベーション研究所
2020年3月19日発行 / レポート:A4判、約220ページ / 発行:日経BP
書籍とオンラインサービスのセット
本体800,000円 + 税
※書籍のみの販売はありません。
※オンラインサービスでは、本レポートの内容をオンライン上で閲覧・検索できます。
テキスト情報だけでなく、図表の検索も可能。さらに出典表記付きで図表やテキストを簡単に出力できるため、資料作成の手間と時間を大幅に短縮できます。
生体センシング技術を幅広く応用する、
ヘルスケア業界で注目の大手22社、
ベンチャー140社の動向を俯瞰
生体センシングは、5GIoTが当たり前になる時代にヒトと仮想空間をつなぐ必須の基本技術です。血糖値/心拍/血圧/脳波/睡眠/ストレスなどの生体情報を継続的に計測し、様々な価値を提供するサービスのベースとなります。人が身に着けるデバイスはもちろん、周囲の環境に設置したデバイスからの計測も可能になりつつあります。『生体センシング最前線 ヘルスケア編』は、手術時の臓器の状態把握病理診断のような高度な医療用途から睡眠の質の可視化といった健康用途まで、ヘルスケア分野の最前線で未来を担う可能性がある約140社のベンチャー企業、20社以上の大手企業を国内外からピックアップし、その取り組みをまとめたレポートです。
生体センシング最前線
ヘルスケア編 目次
第1章 総論
1-1

対象産業

1-2

センシング対象

1-3

センシング技術の手法

1-4

注目ベンチャー企業の選定方法

1-5

技術開発の直近動向

1-6

市場トレンド

第2章 大手企業の最新動向
2-1

IT(情報技術)分野

Alphabet社
Amazon.com社
Apple社
Huawei Technologies社
IBM社
Intel社
Microsoft社
Nokia社
Samsung Electronics社
Xiaomi社

2-2

医薬品・消費財分野

Abbott Laboratories社
Johnson & Johnson社
Novartis社
Procter & Gamble(P&G)社

2-3

医療機器・フィットネス機器分野

Ekso Bionics Holdings社
Fitbit社
GE Healthcare社
Medtronic社
ReWalk Robotics社
Royal Philips社
Withings社
オムロン ヘルスケア

第3章 注目ベンチャー企業の最新動向(その1)
3-1

血糖値センシング

Senseonics社「埋め込み型連続式血糖測定器」
OptiScan Biomedical社「重症患者のための血糖値モニタリングシステム」
AgaMatrix社「電気化学測定法を利用した血糖モニタリングシステム」
Dexcom社「低侵襲性の持続的血糖値測定器」
Cnoga Medical社「非侵襲光学式グルコースモニターデバイス」
Profusa社「末梢動脈疾患の組織酸素やグルコースのモニタリング」
Alertgy社「持続的血糖値測定リストバンド」
iXensor社「スマートフォンのカメラによる血糖値/コレステロール測定デバイス」
Socrates Health Solutions社「血中グルコースの旋光度測定装置」
クォンタムオペレーション「心電図や血中酸素飽和度、血糖値などの各種バイタルサイン測定用ウエアラブルバンド」
ライトタッチテクノロジー「中赤外光による血糖測定技術」
IN4 Technology社「コレステロール、血糖、尿酸測定器」
Integrity Applications社「耳たぶ装着型非侵襲血糖値測定装置」
Breath Health社「呼気によるグルコース計測システム」
PercuSense社「血糖値をはじめとするバイオマーカーの生体応答型モニタリング技術」
PKvitality社「腕時計型血糖値測定デバイス」
Taiwan Biophotonic社「採血不要の非侵襲血糖値計測システム」
フォトサイエンス「近接場光を用いた非侵襲コレステロール/グルコース測定装置」

3-2

心電/心拍センシング

EarlySense社「非接触型患者モニタリングシステム」
MC10社「体の複数箇所にて生体情報を計測可能な小型ウエアラブルセンサー」
iRhythm Technologies社「携帯型心電計」
Cheetah Medical社「非侵襲性の血行動態モニタリングシステム」
FiNC Technologies「ウエアラブルデバイスとAI統合の健康管理プログラム」
VitalConnect社「使い捨てバイタルサインモニタリングデバイス」
BioSerenity社「スマートウエアによる患者モニタリングプラットフォーム」
Biovotion社「非侵襲性の連続的生体モニタリングデバイス」
Spry Health社「慢性閉塞性肺疾患のリモートモニタリングシステム」
Nanowear社「衣類型生体モニタリングセンサー」
Oxehealth社「心拍数/呼吸数/体動に基づく遠隔監視システム」
CYBERDYNE Omni Networks「非接触型バイタルセンサー」
Mobile Sense Technologies社「心拍数測定のウエアラブルデバイス」
Planexta社「リストバンド型心電図計測システム」
Cardiolyse社「心臓の健康状態モニタリングデバイス」
Rinbeat社「生体情報のリアルタイムモニタリング/分析システム」
ラディックス「TMR素子を用いた高感度磁気センサー」

3-3

血圧センシング

Endotronix社「心不全予測システム」
Sotera Wireless社「オンタイムでの患者モニタリングシステム」
EGF Theramed Health社「心血管疾患セルフケアオンラインサービス」
Carematix社「うっ血性心不全や慢性閉塞性肺疾患のモニタリングシステム」
TerraBlue XT社「てんかん発作予測グローブ」
Biospectal社「モバイル血圧計測システム」
BioBeat Technologies社「バイタルサイン測定パッチとスマートウォッチ」

3-4

組織/臓器測定

Butterfly Network社「簡易型の超音波計測デバイス」
Consumer Physics社「対象物の情報を読み取る小型分子センサー」
InBody社「生体電気インピーダンス法に基づく体成分分析装置」
Injectsense社「埋め込み型眼圧モニタリングセンサー」
Skulpt社「体脂肪率や筋肉の質を測定するスキャナー」
MuscleSound社「骨格筋のモニタリングシステム」

3-5

栄養センシング

Cue Health社「栄養状態や感染症の診断キット」
Vitastiq社「栄養状態の測定デバイス」
Amina Health社「栄養状態を可視化する機器」
VitaMe Technologies社「栄養状態を可視化する機器」

3-6

口腔内センシング

Beam Technologies社「スマート歯ブラシ」
Breathometer社「口腔の健康を監視する呼気チェッカー」
ライフ「静電容量式センサーを利用した口腔水分計」

3-7

その他

Proteus Digital Health社「服薬管理センサーシステム」
Thrive Earlier Detection社「血液検査で複数のがんを早期発見する技術」
Adarza BioSystems社「各種疾患に対応するバイオマーカーの光学測定装置」
PhysIQ社「バイタルサインのパーソナルAI分析プラットフォーム」
DynoSense社「リモート健康スキャナー」
Altoida社「機械学習に基づく認知機能検査技術」
Sarissa Biomedical社「神経活性物質を測定するバイオセンサー」
Leuko Lab社「非侵襲型白血球測定装置」
Arborsense社「グラフェンベースの経皮バイオセンサー」
Intelligent Observation社「病院内における手指衛生のモニタリングシステム」
Luminostics社「スマートフォンカメラを使用した細菌/ウイルス/ホルモン/タンパク質の検出装置」
Pinpoint Science社「体液中のウイルスや細菌を検出して病気を診断するバイオセンサー技術」
NeuDrive社「薄くて軽く、柔軟性を兼ね備えたフィルム状センサー」
WINDGO社「肌の上から生体情報を検知できるIoT センサー」
ZiO Health社「体液の診断デバイス」

第4章 注目ベンチャー企業の最新動向(その2)
4-1

汗センシング

Eccrine Systems社「汗中バイオマーカー測定技術」
Impeto Medical社「汗腺の電気伝導率検知による糖尿病リスク診断システム」
Empatica社「てんかん発作を早期検知するスマートウオッチ」
GraphWear Technologies社「水分補給モニタリングセンサー」
Zansors社「生体信号を収集するウエアラブル小型センサー」
Skindroid社「生体センサーのプラットフォームとなる着用型バイオセンサーモジュール」

4-2

尿センシング

Healthy.io社「家庭向け尿検査キット」
トリプル・ダブリュー・ジャパン「排尿予測デバイス」
TestCard社「尿検査シートとスマートフォンのカメラを用いた尿検査キット」
Observe Medical社「尿量と尿中のバイオフィルムを検知する測定器」
NucleoBio社「:前立腺がんをスクリーニングする尿検査キット」

4-3

呼気センシング

Owlstone Medical社「FAIMS による呼気中のVOC測定器」
Spirosure社「呼気中一酸化窒素濃度測定器」
Carrot社「携帯型の禁煙支援デバイス」
Metaflow社「呼気中の二酸化炭素測定用の携帯型機器」
Pulmostics社「呼気による疾患分析技術」
Aidar Health社「呼気による健康評価デバイス」
Algernon Pharmaceuticals社「FAIMS技術を用いた呼気分析デバイス」
Alba Sensors社「疾患検知用のポータブル呼気センサー」

4-4

体温センシング

Ava社「排卵周期通知ブレスレット」
Kinsa社「スマート体温計」
Kindara社「膣内温度センサーを用いた排卵期予測システム」
Sensiia社「排卵周期のモニタリングシステム」
Siren Care社「足の温度を検知するスマートソックス」

4-5

脳センシング

IDUN Technologies社「脳波/筋電位/心電図の生体電位測定センサー」
ANT Neuro 社「運動時にも使える研究用脳波計」
Brain Products社「非臨床用脳波測定システム」
Neuroelectrics社「ポータブル脳波測定および電気刺激デバイス」
Neuroverse社「非侵襲型の脳波計測システム」
Neurovigil社「単一チャネル遠隔脳波モニタリング」
SOSO H&C社「脳波と心拍を同時に測定するウエアラブルデバイス」
Jan Medical社「脳異常早期検知モニタリングシステム」

4-6

音声認識/画像解析

OrCam Technologies社「AI技術を用いた視覚支援ウエアラブルデバイス」
エルピクセル「医用画像解析ソフト」
Integral Geometry Science「マイクロ波マンモグラフィ-」
Riverain Technologies社「医療用AIイメージングソフト」
Lily MedTech「超音波を用いた乳がん用診断機器」
Vocalis Health社「非侵襲的診断ツール」
Canary Speech社「健康状態を特定する音声認識アプリ」

4-7

睡眠モニタリング

SleepMed社「閉塞性睡眠時無呼吸を検出するための生理学的監視レコーダー」
Oura Health社「睡眠状態を把握するスマートリング」
Dreem社「睡眠の質を改善するモニタリングシステム」
Neurovalens社「睡眠導入ヘッドセット」
Beddit社「睡眠の質改善モニタリングシステム」
Inteliclinic社「睡眠の質を改善するアイマスク」
Belun Technology社「指輪型睡眠状態モニタリングシステム」
NYX Technologies社「脳活動をモニタリングし活性化するヘッドセット」

4-8

感情認識

Sentio Solutions社「バイタルサインから感情を特定するリストバンド型デバイス」
Marigold Health社「グループチャットの自然言語処理によるストレスモニタリング」
Cladoop社「子供の感情と行動を定量化する健康分析技術」
eMind Science社「メンタルヘルスの自己測定モニタリングシステム」
Vokaturi社「音声を用いたオープンソース型の感情推定ソフト」
Emotional Imaging社「画像解析と生体センサーによる感情推定システム」

4-9

ストレスモニタリング

InteraXon社「脳の信号を測定するヘッドバンド」
Galvanic社「ストレス度を可視化するポータブル端末」
Linkura社「ストレスを定量化するモニタリングシステム」
Emotion Laboratories社「リアルタイムでストレスを測定できるスマートウオッチ型デバイス」
WellBe Digital社「ストレスを計測し軽減するブレスレット型デバイス」
TheTouchPoint Solution社「ストレスを軽減する振動リストバンド」
BioSelf Technology社「ウエアラブル瞑想システム」
Vitali社「バイタルサインを計測するストレスマネジメントウエア」

4-10

ベビーテック

Owlet Baby Care社「乳児のバイタルサインをモニタリングする靴下型デバイス」
ユニファ「乳児向け体動モニタリングセンサー」
Blue Spark Technologies社「ウエアラブル体温計」
Happiest Baby社「快適な睡眠環境を実現するスマートベビーベッド」

4-11

その他

CYBERDYNE「発話や身体動作が困難な人の意思伝達/機器操作を可能にする装置」
SWORD Health社「モーションキャプチャーを用いた筋骨格系障害のリハビリプログラム」
Moov社「運動時のコーチングを可能にするウエアラブルデバイス」
Active Protective Technologies社「高齢者向け転倒保護スマートベルト」
CarePredict社「高齢者の遠隔モニタリングシステム」

※目次は変更になる場合があります。
生体センシング最前線
モビリティー編
著者:リンカーズ オープンイノベーション研究所
2020年3月19日発行 / レポート:A4判、約120ページ / 発行:日経BP
書籍とオンラインサービスのセット
本体500,000円 + 税
※書籍のみの販売はありません。
※オンラインサービスでは、本レポートの内容をオンライン上で閲覧・検索できます。
テキスト情報だけでなく、図表の検索も可能。さらに出典表記付きで図表やテキストを簡単に出力できるため、資料作成の手間と時間を大幅に短縮できます。
自動運転・MaaSで生体センシングの
重要度増すモビリティー。
最先端の技術と企業の動向を展望
生体センシングの応用は、医療・健康分野だけにとどまりません。自動運転MaaSなどの技術革新で変革の時代を迎える自動車やモビリティーの業界では、特にその重要度が高まっています。交通事故数の低減子どもの安全、長距離運転業務に携わる従業員管理など、様々な社会課題の解決に向けた糸口として期待されているからです。『生体センシング最前線 モビリティー編』は、実用化が進む眠気・疲労検知から、快適・利便性向上に向けた車内監視感情認識、自動車制御に連動するアルコール検知技術などについて、国内外で最先端を走る約70社のベンチャー企業、主要な自動車関連メーカー約30社の動向をまとめたレポートです。
生体センシング最前線
モビリティー編 目次
第1章 総論
1-1

対象産業

1-2

センシング対象

1-3

センシング技術の手法

1-4

注目ベンチャー企業の選定方法

1-5

技術開発の直近動向

1-6

市場トレンド

第2章 大手企業の最新動向
2-1

自動車メーカー

BMW社
Daimler社
Ford Motor社
General Motors社
Groupe PSA
SUBARU
Volkswagen社
Volvo Cars社
トヨタ自動車
日産自動車
三菱自動車

2-2

自動車部品

Autoliv社
Continental社
Robert Bosch社
Faurecia社
Veoneer社
Visteon社
ZF社
デンソー

2-3

エレクトロニクス

D3 Engineering社
Jabil社
OmniVision Techologies社
SMK
STMicroelectronics社
ソニー
パイオニア
パナソニック
ルネサス エレクトロニクス
ローム

第3章 注目ベンチャー企業の最新動向
3-1

車載センサー

Alpha Szenszor社 「カーボンナノチューブを利用した呼気センサー」
Tobii社 「赤外線を使用したアイトラッキングプラットフォーム」
Vayyar Imaging社「リアルタイムマッピングに向けた4Dイメージングセンサー」
Plessey Semiconductors社「非接触または乾式接触による身体由来信号検出電位センサー」
ContinUse Biometrics社「光学センサーを用いた非接触型バイタルサイン測定デバイス」
Guardian Optical Technologies社「単一センサーにより車内全体を監視する光学技術」
VocalZoom Systems社「光学センサーを使った音声ピックアップ技術」
Neteera Technologies社「高周波レーダーオンチップデバイスによるドライバー監視システム」
Moodify社「香りを放出するスマートデバイス」
Sensum社「ストレスや疲労の測定から人の感情と状態を認知するセンサーフュージョンキット」
EyeTech Digital Systems社 「幅広い製品に対応するアイトラッキング技術」
Advanced TeleSensors社「高周波による心臓や呼吸のモニタリング装置」
EDGE3 Technologies社「AI技術を用いた車内監視ソリューション」
Car-E-Motion社「車内の子供見守りシステム」
Good2Go社「ドライバーの疲労度監視システム」
Intelligent Smart Ideas社「車内の子ども見守りシステム」
Olea Sensor Networks社「疲労検知システム」
Sensaggio社「車内の子ども見守りシステム」

3-2

カメラ

Nauto社「危険運転を察知し安全運転に貢献するAI搭載型ドライブレコーダー」
GreenRoad Technologies社「ドライバーの行動事象検出メカニズムを統合した車載ビデオシステム」
Affectiva社「顔画像分析などによる感情認識プラットフォーム」
Zendrive社「スマートフォンのセンサーを利用したドライバーの行動分析」
Eyesight Technologies社「組み込みコンピュータービジョンによるユーザーおよびジェスチャー認識センシングソリューション」
Smart Eye社「AI搭載視線計測型ドライバー監視システム」
Optalert社「ドライバー監視用の眠気検知ビデオシステム」
Eyeris社「自律及び高度に自動化された車両向けの車内状況把握AI」
Dinalog社「モビリティー用疲労度監視カメラ」
Edgetensor Technologies社「自動運転車向けAIドライバー監視システム」
emotion3D社「車両内の人間と物体をリアルタイムで監視する車内監視システム」
FotoNation社「ドライバーに注意を促す車内システム」
HealthyRoad社「ドライバー監視システムアプリ」
Jungo Connectivity社「ドライバー監視用ソフトウエアソリューション」
The Hi-Tech Robotic Systemz社「モビリティー用疲労度監視カメラ」

3-3

シート・ハンドル

BeBop Sensors社「ファブリックセンサーと同センサーを搭載した自動車乗員分類システム」
Life Detection Technologies社「非接触心肺センサー」
Sensing Tex社「動作や姿勢、体のバランスを検知するスマートマット」
CardioID Technologies社「ドライバーの手から計測した心電図を用いて眠気検出するドライバーアシスタントシステム」
CYBEX社「ベビーカーやチャイルドシートの事故防止技術」
CurveSYS社「疲労検知フレキシブルセンサー」
HARKEN「疲労検知システム」
SMARTwheel社「ステアリングホイール上にあるドライバーの手の位置検知装置」

3-4

小型端末

TruTouch Technologies社「皮膚を対象としたアルコール検出用の非侵襲性短波長赤外線センサー」
Cannabix Technologies社「呼気中のマリファナ検査装置」
Akers Biosenses社「携帯可能な使い捨てアルコール検査装置」
KHN Solutions社「血中アルコール濃度を推測する呼気アルコール検査装置」
Alcohol Countermeasure Systems社「スマートフォン連携型モバイル呼気アルコール検査装置」
Alcohol Detection Systems社「点火装置連動用呼気アルコール分析器」
NevonProjects「車載エンジン連動アルコール検知システム」
Sentech Korea社「ポータブルアルコール検知装置」

3-5

スマートグラス

Ellcie Healthy社「AIとの連携を考慮したスマートグラス」
BlyncSync Technologies社「スマートグラスやスマートウオッチを含むトラック運送業界向け安全プラットフォーム」
Pupil Labs社「眼鏡型端末を使ったアイトラッキングシステム」
Ergoneers社「眼鏡型端末を使ったアイトラッキングシステム」

3-6

ウエアラブル

LifeSignals社「ウエアラブル機器に向けた生体信号処理および無線通信用半導体チップ」
Milo Sensors社「リストバンド型アルコール消費監視装置」
CurAegis Technologies社「概日リズムや睡眠パターンの分析、疲労リスクを評価するシステム」
KOSTechnology社「リストバンド型疲労検知センサー」
POSナビ「居眠り運転防止装置」
アフォードセンス「絆創膏型生体センサー」
Freer Logic社「脳波測定アームバンド」

3-7

ヘッドセット

Maven Machines社「ドライバーの安全のためのスマートヘッドセット」
Bitbrain Technologies社「感情や認知状態を推定する乾式EEG センサー」
NeU「脳計測ハードウエア」
Advanced Brain Monitoring社「ポータブル脳波計測機」
Vigo Technologies社「目と頭の動きを追跡するドライバー監視ヘッドセット」
Jawwad Patel氏「スマートヘルメットを使った安全システム」
Pilot Angel社「モビリティー用脳波検知ヘッドセット」
SmartCap Technologies社「モビリティー用脳波検知ヘッドセット」

3-8

その他

iMotions社「人間の行動を分析するソフトウエアプラットフォーム」
Pulsar Informatics社「ドライバー疲労度管理システム」

※目次は変更になる場合があります。
生体センシング最前線
製造/建設/マーケティング編
著者:リンカーズ オープンイノベーション研究所
2020年3月19日発行 / レポート:A4判、約120ページ / 発行:日経BP
書籍とオンラインサービスのセット
本体500,000円 + 税
※書籍のみの販売はありません。
※オンラインサービスでは、本レポートの内容をオンライン上で閲覧・検索できます。
テキスト情報だけでなく、図表の検索も可能。さらに出典表記付きで図表やテキストを簡単に出力できるため、資料作成の手間と時間を大幅に短縮できます。
生産から販売、利用シーンまで、
あらゆる場面で生体センシングの応用を
目指す注目ベンチャーを分析・考察
工場の生産現場建設現場から、最終消費者に近いマーケティング/小売まで。生体センシングの応用は幅広い範囲のビジネスに影響を及ぼします。エンターテインメント金融といった、これまで生体センシングとは縁が遠そうだった分野でも、顧客体験(CX)の向上に脳波音声、身体の動きといった生体情報を取り込む動きが本格化しつつあるのです。『生体センシング最前線 製造/建設/マーケティング編』は、生産から販売、その後の利用シーンまで、商品やサービスのサプライチェーン上のあらゆる場面で生体センシングの応用を目指す、約70社のベンチャー企業、約20社の大手企業の動向をまとめたレポートです。
生体センシング最前線
製造/建設/マーケティング編 目次
第1章 総論
1-1

対象産業

1-2

センシング対象

1-3

センシング技術の手法

1-4

注目ベンチャー企業の選定方法

1-5

技術開発の直近動向

1-6

市場トレンド

第2章 大手企業の最新動向
2-1

製造/通信分野

Caterpillar社
Ford Motor社
倉敷紡績(クラボウ)
ジェイテクト
凸版印刷
日立製作所
三菱重工業
オプテージ(旧ケイ・オプティコム)

2-2

建設分野

Laing O'Rourke社
大林組
熊谷組
積水ハウス
大成建設
戸田建設

2-3

IT(情報技術)/小売り/
その他の分野

Amazon.com社
Walmart社
Alibaba Group Holding社
Tencent社
NEC
パナソニック
富士通

第3章 注目ベンチャー企業の最新動向
3-1

作業者支援

SenseTime社「ディープラーニングを活用した顔認識/身体認識ソリューション」
Seeing Machines社「ドライバーの疲労や注意散漫をリアルタイムに監視するシステム」
NeuroSky社「独自の信号処理技術や脳波解析アルゴリズムを搭載した脳波センサーチップ」
Sonde Health社「音声認識を用いて脳/筋肉/呼吸の健康状態を特定する技術」
Fatigue Science社「生物数学に基づく疲労モデルと睡眠データによる疲労関連リスクの軽減プラットフォーム」
Upright Technologies社「猫背矯正用ウェアラブルデバイス」
Carré Technologies社「健康トラッキングができるスマートシャツ」
Xenoma「モーションキャプチャーなどが可能なスマート衣料」
Inova Design Solutions社「SaaS プラットフォームを介したクラウドベースの生理学的モニタリングソリューション」
Bodytrak社「SaaS プラットフォームを介したクラウドベースの生理学的モニタリングソリューション」
BioRICS社「精神的および身体的活動の状態を測定するアプリ」
4D Health Science社「リハビリやトレーニングを改善するモーションモニタリング装置」
Mindset社「脳の活動測定による集中力向上ヘッドフォン」
InnerEye社「脳波と機械の連動による高精度で迅速な画像解析技術」
Vigofere社「ストレス値を可視化するスマートリング」
LifeBooster社「モーションキャプチャーによる筋骨格障害の予測システム」
ライフラボラトリ「歩数情報を考慮した歩行者自律航法による位置推定システム」
ネイン「生体情報を取得可能なイヤホン」
EyeTracking社「瞳孔の変化による作業負荷の測定システム」
ミルウス「多様な生体情報センサー群の測定情報をシームレスに統合可能な情報管理技術」
AiQ Smart Clothing社「心拍などを計測可能なスマート衣料」
Komodo Technologies社「心電図を測定できるスマートスリーブ」
ジーニアルライト「近赤外光反射型の脈拍・血中酸素飽和度センサー」

3-2

マーケティング

EMOTIV社「脳波を計測するワイヤレスヘッドセット」
Lapetus Solutions社「顔写真を用いて寿命/健康状態/健康リスクを予測する技術」
PGV「AI を用いた脳波解析およびパッチ式脳波センサー」
Empath「音声感情解析AI」
NVISO社「AIを搭載した感情認識ソフトウェア」
EMOSpeech社 「音声感情検出/認識システム」
NuraLogix社「画像解析による感情推定システム」
リトルソフトウェア「脳波や心電などの生体データに基づく感情推定AI技術術」
Good Vibrations Company社「音声による感情推定ソフトウエア」

3-3

セキュリティー

Valencell社「PPG センサーを組み込んだ生体認証システム」
Kairos AR社 「顔認識AIシステム」
Amaryllo社 「生体認証による自動追跡セキュリティーカメラ」
Enazeal「深層学習を用いた顔認証システム」
ELSYS JAPAN 「不審者を自動検知する画像解析システム」
NOVELIC社「小型で費用対効果の高いシステム構築を可能にするレーダーセンサー」
Takumi Vision「被写体との距離を測定可能なモーションキャプチャーモジュール」
センサーズ・アンド・ワークス 「電池駆動できる小型センサーモジュール」
DynOptix社 「人間の体温をモニターするカメラデバイス」

3-4

小売り/金融/
エンターテインメント

Liquid「大規模ユーザーを対象に使用できるクラウド生体認証技術」
Jetson AI社「音声認識による発注プラットフォーム」
H2L「筋変位センサーを搭載したVR ゲームコントローラー」

3-5

ヒューマンマシンインターフェース

メルティンMMI「生体信号処理技術を用いたアバターロボット」
モーションリブ 「サーボモーターの力加減を制御する力触覚IC」
タッチエンス「やわらかい触覚センサー」
AssistMotion「人とロボットの間に生じる相互トルクを検出するトルクセンサー」
PMD Technologies社「ジェスチャー認識機能を実現するToFを用いた距離画像センサー」

3-6

スポーツテック

Whoop社 「アスリート用パフォーマンストラッカー」
Orreco社「スポーツ科学とデータ分析の統合によるアスリートのパフォーマンス向上技術」
no new folk studio 「スマートフットウエア」
Hawkin Dynamics社「跳躍時の筋力をモニタリングするシステム」
Fortiori Design社「近赤外線LED を用いたSmO2 測定センサー」
Fibrux社「アスリート向け筋電位センサー」
primesap「トレーニング解析ソリューション」
Somaxis社「複数のバイタルサインをモニタリングするセンサー」
身のこなしラボラトリー「筋電位センサーを用いた筋活動の可視化デバイス」

3-7

介護/ホームケア

Novelda社「距離と微細な動きを検知するセンサー技術」
Moff「腕時計型モーションセンサー」
Emteq社「顔の筋肉の動きを読み取るバイオフィードバックセンサー」
Drum Echoes社「ADHD患者向けバイオフィードバック用リストバンド」
EMC Healthcare「心電位や活動量を計測するウエアラブルデバイス」
DREAM TOKYO「録画/録音機能付き非接触バイタルセンサーシステム」
ノーリツプレシジョン「介護業界向けの予測型見守りシステム」
みまもーら「高齢者見守りセンサー」
サクラテック「複数人の心拍や呼吸を同時に測定できる生体信号モニタリングシステム」

3-8

教育/研究

Delsys社「握力計とIMUを搭載した筋電位センサーシステム」
ブレインビジョン「神経活動可視化システムと距離画像カメラ」

3-9

その他

Nix社「水分補給管理用バイオセンサー」
4Dセンサー「モアレ検知技術を用いた歪みセンサー」

※目次は変更になる場合があります。
生体センシング最前線
ヘルスケア編
+
生体センシング最前線
モビリティー編
+
生体センシング最前線
製造/建設/マーケティング編
書籍とオンラインサービスのセット
本体1,500,000円 + 税
個別に買うより300,000円OFF(税別)
※書籍のみの販売はありません。
※オンラインサービスでは、本レポートの内容をオンライン上で閲覧・検索できます。
テキスト情報だけでなく、図表の検索も可能。さらに出典表記付きで図表やテキストを簡単に出力できるため、資料作成の手間と時間を大幅に短縮できます。