スポーツビジネスの未来2021-2030スポーツビジネスの未来2021-2030

あらゆるトレンドを飲み込んで、スポーツビジネスは、伸びていく。あらゆるトレンドを飲み込んで、スポーツビジネスは、伸びていく。あらゆるトレンドを飲み込んで、スポーツビジネスは、伸びていく。

周辺産業にこそ、
新ビジネス創出機会あり。
アフターコロナの視点を加え、
巨大産業化する2030年までの
スポーツの未来を見通す。

スポーツビジネスを急成長させる
5大トレンド
〈する・観る・支える〉
のパーソナライズ化
健康・医療とのシナジー
eスポーツとの共存共栄
アジアシフト
ダイバーシティーの進展

新型コロナによるパンデミックで一時的な停滞はあるにせよ、「コト消費」の象徴であるスポーツビジネスが今後の高成長市場であることに疑いの余地はありません。これからの10年は、アフターコロナの視点を取り入れながらDX(デジタルトランスフォーメーション)を進め、「〈する・観る・支える〉のパーソナライズ化」「健康・医療とのシナジー」「eスポーツとの共存共栄」「アジアシフト」「ダイバーシティーの進展」という5大トレンドを核に急成長するでしょう。そのとき、イノベーションの主役になるのは、健康・医療、教育、地方創生などスポーツを活用することで新ビジネスを創出できる周辺産業です。『スポーツビジネスの未来 2021-2030』は、国内外の第一線で活躍する専門家が今後10年のスポーツビジネスを予測します。中核となる9分野の重要28テーマに加え、感染症などのリスク対策、スポーツとの関係を深める7分野の産業動向、そして東南アジア、中国、アフリカなどを含むグローバルの動向について未来像を提示します。

※本レポートは『スポーツビジネスの未来2018-2027』(2017年12月発行、336ページ)を全面刷新したものです。「eスポーツ」、「スポーツ×経営」、「健康・医療×スポーツ」、「ダイバーシティー」、「感染症・自然災害対策の未来」を新たに章立てし、全13章、400ページ以上と大幅増強しました。アフターコロナの視点も加えて、スポーツビジネスの未来を見通し、新たなビジネスチャンスのヒントを提示します。

読みどころ


  • 1新型コロナウイルスのパンデミックが、スポーツビジネスの未来にどのような影響を与えるかを、国内外の第一線で活躍する専門家が考察。
  • 2スポーツビジネスの中核分野に加えて、成長機会が大きく、新ビジネスが生まれる「健康・医療」「eスポーツ」「ダイバーシティー」の未来を徹底予測。
  • 3スポーツビジネスの成長ドライバーであるテクノロジーについてAIやIoTの最先端動向に加え、「アフターコロナテック」や次のフロンティアである「脳・睡眠・腸」の動向をカバー。

こんな方へ


こんな方へこんな方へ

中身読めます


スポーツビジネスの未来2021-2030 特別編集版
スポーツビジネスの未来2021-2030スポーツビジネスの未来2021-2030
特別編集版 ダウンロード特別編集版 ダウンロード
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル

COMING SOON...

目 次


監修者紹介


間野 義之 氏

間野 義之 早稲田大学スポーツ科学学術院 教授/
スポーツビジネス研究所 所長

1963年横浜市生まれ。1991年東京大学大学院教育学研究科修士課程修了、同年、三菱総合研究所に入社。2002年早稲田大学人間科学部助教授、現在に至る。専門はスポーツ政策。博士(スポーツ科学)。スポーツ庁・経済産業省「スポーツ未来開拓会議」座長、(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会参与、日本政策投資銀行「スマート・ベニュー研究会」委員長、三菱総合研究所「レガシー共創協議会」会長、日本トップリーグ連携機構常務理事、日本アスリート会議副理事長、日本財団「HEROs AWARD」審査委員長ほか。 著書に『東京大学大学院特別講義:スポーツビジネスイノベーション』、『オリンピックレガシーが生んだカーリングの町軽井沢:「SC軽井沢クラブ」の挑戦』 、『スポーツファシリティマネジメント』など。

上野 直彦 氏

上野 直彦 スポーツジャーナリスト

兵庫県生まれ。早稲田大学スポーツビジネス研究所・招聘研究員。ForBesJapanオフィシャルコラムニスト。ロンドン在住の時にサッカーのプレミアリーグ化に直面しスポーツビジネスの記事を書く。女子サッカーやJリーグも長期取材している。『Number』『AERA』『VOICE』などで執筆。テレビ・ラジオ番組にも出演。初めてJユースを描いたサッカー漫画『アオアシ』で取材・原案協力、マンガ大賞2017で4位を獲得。書籍では『全くゼロからのJクラブのつくりかた』(東邦出版)、『ベレーザの35年』(ベレーザ創部35周年記念誌発行委員会)、『国際スポーツ組織で働こう!』(日経BP)、『プロスポーツビジネス 私たちの成功事例』(東邦出版)などの構成や編集を担当。

図表も検索!パワポに出力!
「すごい企画書」できます。

レポート検索・生成

オンラインサービス

1 レポート内サーチで
欲しい情報に瞬時にアクセス

キーワードを入力するだけで、レポート内のテキスト情報を探せます。複数のキーワード入力も可能。検索結果には検索ワードと関係性が高い「関連キーワード」「関連企業」も表示します。

イメージ

2 図表サーチで
図表だけでも探せる

入力ワードと関連する図表をサムネイルで一覧表示。図表をクリックして拡大表示したり、詳細情報にアクセスすることができます。

イメージ

3 レポート閲覧で
書籍のように閲覧できる

書籍と同じように、目次に沿ってレポートを閲覧することができます。

イメージ

4 ボタン一つで
パワーポイントに出力できる

検索したテキスト情報や図表はボタン一つでパワーポイント形式でダウンロードできます。出所表記付きで出力されるので、企画書にそのまま使うことができます。

イメージ

矢印

経営企画、事業開発、R&D、
マーケティング部門の皆さまの
「企画書・提案書」 作成をサポートします。

  • サンプル

    出典:テクノロジー・ロードマップ2020-2029
    全産業編

  • サンプル

    出典:エンターテインメント・ビジネスの未来
    2020-2029

  • サンプル

    出典:医療・健康ビジネスの未来2019-2028

  • サンプル

    出典:未来市場2019-2028

  • サンプル

    出典:ロボットの未来2019-2028

  • サンプル

    出典:フードテックの未来2019-2028

● オンラインサービスのご利用について

※オンラインサービスの利用規約をご確認いただき、ご同意の上お申し込みください。

※ご利用開始に際してはお手続きは不要です。ご購入時にご連絡いただいたメールアドレス宛に、サービス登録完了のご案内を電子メールにてお送りします。ご利用期間は1年間です。書籍の発送日を起点にして1年後の翌月末が利用期限です。

※アクセス権は1部の購入に対し1名分です。複数名の利用をご希望の場合は法人プランとなります。こちらからお問い合わせください。(日経BPマーケティングにて承ります。)

※コンテンツのデータ、またはデータを元に独自の図表を作成して使用する場合は、必ず出所(出典)を明記してください。

※不特定多数にコンテンツを閲覧させることや、コンテンツを複製、譲渡、貸与、公衆送信等することはできません。
例:コンテンツを含むデータファイルを部署外や社外に配信・転送すること、コンテンツを法令に抵触する方法で利用すること など

※コンテンツの商用転載を希望する場合(書籍やインターネット、広告、販促パンフレット、セミナー/研修、イントラネット等への転載など)は、事前に転載申請が必要です。商用転載は基本的に有料です。コンテンツの使用を希望される場合は、日経BP著作権窓口へご連絡ください。無断転載は著作権法違反となります。なお、商用転載については、ご使用を承れない場合もございます。あらかじめご了承ください。

スポーツビジネスの未来2021-2030
スポーツビジネスの未来2021-2030スポーツビジネスの未来2021-2030
  • 監修:間野義之
    (早稲田大学スポーツ科学学術院 教授/
    スポーツビジネス研究所 所長)

    上野直彦(スポーツジャーナリスト)
  • 2020年11月26日発行予定
  • レポート:A4判、約420ページ
  • 書籍付属CD-ROM:
    本体に掲載された図表を収録
  • 価格:
    ○書籍とオンラインサービスのセット:
    本体750,000円+税
    ○書籍のみ:本体500,000円+税
  • 発行:日経BP