日経BP社

お問い合わせ

参加申込

急成長を遂げる10.9兆円の市場規模 スポーツビジネスの台頭

セミナー keyword

日本人だけが知らない巨大ビジネス

セミナー内容

世界のスポーツビジネスを仕事にする

  1. 01 最前線のトレンド
  2. 02 日本市場のビジネスチャンス
  3. 03 求められるスポーツ経営人材像

出版記念セミナー

出版記念セミナー

お問い合わせ

参加申込

講師陣

日本が誇る屈指のスポーツビジネス・パーソン

村井 満 氏

公益社団法人
日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)
チェアマン

村井 満 氏

1959年(昭和34年)8月2日生まれ。埼玉県川越市出身。1983年早稲田大学法学部を卒業後、同年4月㈱日本リクルートセンター(現㈱リクルートホールディングス)入社。営業部を経て人事部に配属。2000年本社執行役員に就任。2004年に㈱リクルートエイブリック(現㈱リクルートキャリア)代表取締役社長に就任し、様々な人材紹介事業を展開、「顧客満足度の高い人材斡旋会社」で5年連続1位となるなどカスタマーから高い評価を獲得し業績に貢献。2011年にリクルート・グローバル・ファミリー香港法人社長、2013年に同社会長就任。アジア26ヶ所に現地のグローバル人材の採用拠点を設置。サッカー界とのつながりはリクルートエージェント在籍時にプロサッカー選手のセカンドキャリアを支援。2008年日本プロサッカーリーグ理事に選任。2014年1月31日、ビジネス界出身者として初めてのJリーグチェアマンに就任。Jリーグの人気回復とビジネスとしての基盤強化を中心とした改革に臨む。2016年3月に2期目を迎え現在に至る。(公財)日本サッカー協会副会長、(公財)日本プロスポーツ協会理事。

大河 正明 氏

公益社団法人
ジャパン・プロフェッショナル・
バスケットボールリーグ(B.LEAGUE)
チェアマン

大河 正明 氏

1958年生 京都府出身。中学でバスケットボールを始め全中4位。京都大学卒。 81年三菱銀行入行。95年(社)日本プロサッカーリーグ出向、総務部長。10年三菱東京UFJ銀行退行。同年社団法人日本サッカーリーグ理事に就任。 14年に公益社団法人日本プロサッカーリーク常務理事、15年公益財団法人日本バスケットボール協会専務理事、事務総長、 同年公益社団法人ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ理事長。

森村 國仁 氏

電通スポーツアジア
代表取締役社長兼CEO

森村 國仁 氏

福岡県生まれ、カリフォルニア大学ロスアンゼルス校(UCLA)卒業後、㈱電通入社。 プロモーション局を経て、1998年サッカー事業局(当時)異動。2002年日韓サッカーFIFAワールドカップほか、日本及び世界各地で開催されたメジャースポー ツイベントにスポンサーシップ及び放送権のセールス、並びにコンサルティングとして関与。2010年9月にシンガポールにて、電通スポーツアジアを設立。以来、代表取締役兼CEOとして、東南アジア、インド、中東、オセアニア地域のメジャースポーツ及びエンターテイメントのスポンサーシップ及び放送権のセールス、並びにコンサルティングサービスに従事。

大塚 眞一郎 氏

日本トライアスロン連合 専務理事/国際トライアスロン連合 理事/日本オリンピック委員会 理事

大塚 眞一郎 氏

東京都出身。1984年からトライアスロン競技の日本への導入を行い、独自のマーケティングプログラムの開発により、日本国内での普及発展に尽力。ITUでは、オリンピック競技へのIOCロビイング活動を経て、1994年IOCパリ総会で2000年のシドニーオリンピックから正式競技採択に貢献。JOCリオデジャネイロ・オリンピック日本選手団役員、JOC事業専門部会長・広報副部会長・国際人養成アカデミースクールマスター等を歴任。

神田 康範 氏

SVホルン副会長兼 CEO/
HONDA ESTILOマネジメント部
執行役員

神田 康範 氏

1981年、熊本県生まれ。オーストリア・ウイーン在住。熊本県立濟々黌高校、大阪大学/外国語学部(旧大阪外国語大学)を卒業後、ブリヂストンスポーツ(株)入社。 米国支社での4年半のマーケティング経験を経て帰国後、2012年スポーツマネジメント会社入社、その後本田圭佑の誘いを受けてHONDA ESTILO入社。本田圭佑の広告セールス活動、マネージャー業に従事。HONDA ESTILO(株)のSV HORN参入と同時に当クラブの副会長兼・CEOに就任。SV HORN経営とアスリートマネジメントの二足の草鞋を履き、日墺で活動。

岡部 恭英 氏

TEAM マーケティング
(UEFAチャンピオンズリーグ)
Head of Aisa Sales

岡部 恭英 氏

スイス在住。サッカー世界最高峰UEFAチャンピオンズリーグに関わる初のアジア人。UEFA(欧州サッカー協会)マーケティング代理店「TEAMマーケティング」のテレビ放映権/スポンサーシップ営業 アジア・パシフィック&中東・北アフリカ地区統括責任者。 NewsPicksプロピッカー。連載は「スポーツビジネスに挑む日本人たち」、「サッカーの力」など。SBAスポーツビジネスアカデミー アドバイザリー・ボード。 TIAS (筑波大学院国際スポーツアカデミー) 特別講師。 ケンブリッジ大学MBA。 慶應義塾体育会ソッカー部出身。 海外在住歴は約20年 (スイス、イギリス、アメリカ、シンガポール、ベトナム)。夢は、「日本でFIFAワールドカップを再開催して、日本代表が優勝!」。 皆で力を合わせて、夢を叶えましょう!

髙橋 義雄 氏

筑波大学大学院人間総合科学研究科
スポーツ健康システム・マネジメント専攻
准教授

髙橋 義雄 氏

1968年東京都生まれ。東京大学教育学部卒業。東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学。1998年より名古屋大学助手、エジンバラ大学客員研究員(2003-2004)。2008年より筑波大学大学院人間総合科学研究科スポーツ健康システム・マネジメント専攻准教授として、社会人を対象にスポーツマネジメントを教育・研究。2015年からは筑波国際スポーツアカデミー(TIAS)のスポーツマネジメント分野ディレクター。専門はスポーツ社会学、スポーツマネジメント。現在、日本卓球協会評議員、日本トップリーグ連携機構事業推進委員会アドバイザー、日本スポーツツーリズム推進機構常任理事、アリーナスポーツ協議会理事、TIASアソシエーション理事・事務局長。行政では、スポーツ庁スポーツ未来開拓会議委員、スポーツ庁スポーツ経営人材プラットフォーム協議会座長、経済産業省産業構造審議会地域経済産業分科会臨時委員、秋田県スポーツ推進審議会委員、豊田市スポーツ推進審議会委員長。

塚本 拓也 氏

筑波大学主任研究員/
TIAS 海外事業広報戦略ディレクター/
SFT広報副部会長

塚本 拓也 氏

立命館アジア太平洋大学を卒業後、2007年より(株)ダンロップスポーツエンタープライズに入社。 ダンロップフェニックスをはじめ数々のゴルフトーナメントの企画運営に従事。2013年より国際オリンピック委員会(IOC)が中心となり設立したAISTS Mastering Sport(スイス)に入学。スポーツマネジメントを専攻。2014年より、日本政府が推進するスポーツおよびオリンピック・ムーブメント普及のための「Sport for Tomorrow」プログラムの一環であり、日本初の国際スポーツアカデミーである「つくば国際スポーツアカデミー(TIAS)」の立ち上げ及び海外広報戦略に従事。同年にAISTSとTIASのMOUの締結を実現。同年、企業へのコンサルテーションを提供する「一般社団法人つくば国際スポーツアカデミーアソシエーション」を設立し、事務局運営統括を兼務。

必修ビジネスパーソン

  1. 01 スポーツマネジメントの実際を知りたい方
  2. 02 スポーツビジネスに参入したい事業戦略部門の方
  3. 03 これからのスポーツビジネスの潮流を押さえたい方
  4. 04 スポーツ庁のスポーツ人材育成戦略を知りたい方

明快!参加メリット

  1. 1 世界のスポーツビジネスの実情がわかる
  2. 2 日本市場のビジネスチャンスがわかる
  3. 3 求められるスポーツ経営人材像がわかる
  4. 4 国際スポーツ組織関係者と名刺交換できる

参加特典

国際スポーツ組織で働こう!

参加者全員に国際スポーツ組織で働こう!プレゼント

元サッカー日本代表/FIFAマスター修了 宮本恒靖氏に書籍帯文いただきました。

出版記念セミナー

お問い合わせ

参加申込

当日の流れ

  1. 1 ご挨拶 13:30~13:35

    TIAS アソシエーション事務局長髙橋義雄

  2. 2 基調講演 13:35~14:20

    大河 正明 氏

    「プロスポーツリーグのビジネス最前線と必要な人材とは」

    今年開幕したB.LEAGUEに関わるビジネスでは、どのような取組みが行われているか、その実像をご紹介します。また、リーグやクラブのマネジメントにはどのような資質を持った人材が必要なのかについて、エピソードを踏まえて解説し、国際的なプロスポーツビジネスで活躍するためのヒントを提示します。
  3. 3 パネルディスカッション① 14:25~15:25

    世界のスポーツビジネス最前線

    国際スポーツ組織で活躍する3名のパネリストが、現在取り組んでいるスポーツビジネスの詳細を紹介。世界のスポーツビジネスではどのようなトレンドがあり、どのようなビジネスが生まれているのか、今後日本が押さえておくべき潮流は何か、を議論します。

    講師陣

  4. 4 休憩20分 15:25~15:45

    名刺交換等の交流機会

  5. 3 パネルディスカッション② 15:45~16:45

    これから日本に求められるスポーツ経営人材像

    スポーツ庁が主導する「スポーツ経営人材プラットフォーム協議会」のメンバーであるスポーツ組織の重鎮2名をパネリストに招き、求められるスポーツ経営人材像と日本の現状、課題を明らかにしていきます。また、「スポーツ経営人材プラットフォーム協議会」が目指す方向性を解説します。

    講師陣

  6. 6 おわりに 16:45~16:50

    TIAS アソシエーション理事長 清水 諭氏

アクセス

筑波大学東京キャンパス地下1階多目的講義室1
東京都文京区大塚3-29-1
地下鉄丸の内線茗荷谷駅下車 出口1より徒歩5分

セミナー概要

名 称 「スポーツ×経営×人材」-世界のスポーツビジネスを仕事にする-
開 催 日 2016年12月19日(月)13時30分~17時 開場:13時
会 場 筑波大学東京キャンパス地下1階多目的講義室1 東京都文京区大塚3-29-1
地下鉄丸の内線茗荷谷駅下車 出口1より徒歩5分
主 催 日経BP社
協 力 一般財団法人TIASアソシエーション
受 講 料 18,000円(税込・書籍『国際スポーツ組織で働こう!』付)
定 員 150名

出版記念セミナー

お問い合わせ

参加申込