ピクト
ピクト
ピクト
「ツーリズムの未来2022-2031」出版記念セミナー

2031年、ツーリズムはこうなる

ウィズコロナ・ポストコロナを見据えたツーリズムの変化と未来の姿

無料オンラインセミナー
2022年1月21日(金)17:00-18:00

日経BPは、2021年12月『ツーリズムの未来2022-2031』(監修・著者:EYストラテジー・アンド・コンサルティング)を発刊し、10年先までのツーリズムのメガトレンドと、それに伴う関連業界のビジネスチャンスを予測しました。新型コロナウイルス感染症で甚大なダメージを受けたツーリズム業界では、ワーケーションやバーチャルツアーのような新たなツーリズムのあり方が出現しています。さらに、価値観の変化、経済・社会のデジタル化、グローバル化といったトレンドシフトの本格化やテクノロジーの発展と相まって、ツーリズムはこれから劇的に変容していくことが予想されます。


本セミナーでは同書の発刊を記念し、業界の専門家が考える今後のツーリズム像を提示します。前半では、トラベルボイス社代表取締役の鶴本浩司氏、本書を監修したEYストラテジー・アンド・コンサルティング、ディレクターの平林知高より、パンデミックからの回復期のツーリズムのトレンド、2031年のツーリズムについてそれぞれ概括します。後半では、本書の企画・編集を務めたオートインサイト代表の鶴原吉郎氏、JTB総合研究所執行役員企画調査部長の波潟郁代氏を加え、今後のツーリズムについてディスカッションいたします。

プログラム

17:00 - 17:05

開会挨拶

日経BP 総合研究所 未来ラボ所長
高橋 史忠

17:05 - 17:15

基調講演 ①

ウィズコロナ・ポストコロナを
見据えた
ツーリズムのトレンド

国内・海外で観光デジタルマーケティングの豊富な経験を持つ、
日本最大級の観光産業の専門ニュースメディア「トラベルボイス」の代表の鶴本氏より、
新型コロナウイルス感染症からの回復フェーズを見据えた新しいツーリズムのトレンドについて、
国内外の事例などを交えて講演いただきます。

トラベルボイス 代表取締役
鶴本 浩司

17:15 - 17:25

基調講演 ②

2031年に向けた
ツーリズムの未来

本書の監修・著者を務めたEYストラテジー・アンド・コンサルティング、ディレクターの平林より、
新型コロナウイルス感染症の影響のみならず、長期的な社会変化やテクノロジーの開発動向なども踏まえた、
これから10年のツーリズムに出現すると予想されるメガトレンドについて講演いたします。

EYストラテジー・アンド・コンサルティング
ディレクター
平林 知高

17:25 - 17:55

パネルディスカッション

〈テーマ①〉
「新型コロナウイルス感染症からの
回復期において、
ツーリズム業界が
留意すべき点は?」

〈テーマ②〉
「2031年にツーリズムはどのような姿になっているか?」

※本ディスカッション中に参加者の皆様からオンラインで適宜ご質問を受け付け、
一部はパネラーから回答いたします。

パネリスト

オートインサイト代表/技術ジャーナリスト・編集者
鶴原 吉郎

JTB総合研究所 執行役員企画調査部長
波潟 郁代

トラベルボイス 代表取締役
鶴本浩司

EYストラテジー・アンド・コンサルティング
ディレクター
平林 知高

17:55 - 18:00

クロージング

※プログラムは変更となる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

登壇者プロフィール

    • 鶴本 浩司 氏
    • トラベルボイス
      代表取締役
    • 鶴本 浩司
    • オーストラリア政府観光局を経て、観光産業ニュース会社「トラベルボイス」を設立、代表に就任。その他、観光に特化したデジタルマーケティング会社「マーケティング・ボイス」の代表、テクノロジー企業「パイプドHD」(東証一部)の社外取締役、観光産業シンクタンク「JTB総合研究所」客員研究員なども兼任。その他、観光庁長官表彰・審査員や、ツーリズムEXPO「ツーリズム・グランプリ」最終審査委員、日本旅行業協会「ツアーオブ・ザ・イヤー」審査部員、東京観光財団・アドバイザリー会議・委員なども務める。
    • 平林 知高
    • EYストラテジー・アンド・コンサルティング
      ディレクター
    • 平林 知高
    • 政府系金融機関、大手コンサルティングファームを経て、現職。政府系金融機関において、営業現場経験から業務運営計画策定、営業戦略立案、新商品開発等幅広い業務に従事。官公庁への出向経験があり、中小企業白書を執筆。中小企業政策の他、地域活性化に向けた事業戦略、データ利活用に向けた事業戦略領域に強みを持つ。特に近年は、全国各地の自治体・観光関連事業者等との連携によるデータ利活用プラットフォームサービスを自らが主導して展開する等、エコシステム、プラットフォームビジネスにおける第一人者。
    • 鶴原 吉郎 氏
    • オートインサイト代表/
      技術ジャーナリスト・編集者
    • 鶴原 吉郎
    • 日経マグロウヒル社(現日経BP)に入社後、新素材技術誌、機械技術誌を経て、2004年に、日本で初めての自動車エンジニア向け専門誌「日経Automotive Technology」の創刊に携わる。2004年6月同誌創刊と同時に編集長に就任。2013年12月まで編集長を務める。2014年3月に日経BPを退社し、2014年5月に自動車技術・産業に関するコンテンツの編集・制作を専門とするオートインサイト株式会社を設立、代表に就任。日経BP 総合研究所 未来ラボ客員研究員。
    • 波潟 郁代 氏
    • JTB総合研究所
      執行役員企画調査部長
    • 波潟 郁代
    • (株)日本交通公社(現株式会社JTB)入社。 支店長、本社広報室長を経て、JTB総合研究所の設立に関わり、15年から現職。同社のマーケティング、コミュニケーション戦略全般を担当する傍ら、地域活性化のための生活者・旅行者の価値観や行動を研究し発表。またJTBが50年間発表している「旅行動向見通し」の推計・分析を現在まで10年以上に渡り担当。自治体の観光審議委員、総合計画評価委員、地域活性化やまちづくりの組織団体のアドバイザーなどを務める。
    • 高橋 史忠
    • 日経BP 総合研究所
      未来ラボ所長
    • 高橋 史忠
    • 筑波大学大学院理工学研究科修了。1995年日経BP入社。「日経エレクトロニクス」記者、シリコンバレー支局特派員、日本経済新聞社産業部記者、「日経テクノロジーオンライン」副編集長などを経て2018年4月より現職。テクノロジーや新規事業開発などを切り口に未来予測に取り組む。『未来調査2026 全産業編』『日本の未来2021-2030 都市再生/地方創生編』『医療・健康ビジネスの未来2021-2030』『スポーツビジネスの未来2021-2030』『エンターテインメント・ビジネスの未来2020-2029』など、多数の企業向けレポートを企画・編集。

開催概要

タイトル
2031年、ツーリズムはこうなる:
ウィズコロナ・ポストコロナを見据えたツーリズムの変化と未来の姿
日時
2022年1月21日(金)17:00~18:00
会場
オンラインセミナー
主催
EYストラテジー・アンド・コンサルティング
日経BP 総合研究所
日経BPマーケティング
受講料
無料
受講対象者
ツーリズム関連業界(宿泊、飲食、小売、旅行、自治体・DMO・観光協会など)およびツーリズムに関心のある業界の方
備考
スケジュール・内容は予告なしに変更する場合がございますので、予めご了承ください。
フリーのメールアドレスでのご登録はできません。
競合の場合などお断りすることがございます。予めご了承ください。
ツーリズムの未来2022-2031

ツーリズムの未来2022-2031ツーリズムの未来2022-2031

  • 監修・著者:
    EYストラテジー・アンド・コンサルティング
  • 発行:日経BP
  • A4判、272ページ、2021年12月24日発行

詳しくはこちら

Copyright © 2021 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved.