自動運転技術の開発競争は、コネクテッドカー(つながる車)開発とオンデマンド配車ビジネスを巻き込んで、新しいモビリティービジネスの構築を目指すステージに進みつつある。特に目立つのは、オンデマンド配車サービスでの活用を前提とする完全自動運転車「ロボタクシー」の実用化と、MaaS(Mobility as a Service)時代に向けた先端技術の開発である。MaaS時代に向けた先端技術開発では、サービス事業者の使い勝手を強く意識したコンセプトモデル、ルールに基づいた安全性確保、周辺のドライバーや歩行者、乗員に向けた自動運転車の意図伝達、研究開発時の量子コンピューター活用など、これまで見られなかった試みが始まっている。

トヨタの「動く店舗」 内外装もソフトも自由

MaaS時代を先取りした自動運転車の開発例としては、トヨタ自動車が18年1月に発表したコンセプトカー「e-Palette Concept」がある。e-Palette Conceptは自動運転機能を備える電気自動車(EV)で、移動や物流、物販に向けた「新たなモビリティ」を提供する。さまざまなサービス事業者に「動く店舗」として活用してもらうことを目指しており、室内レイアウトは提供するサービスに合わせて自由に変えられる。

トヨタの「e-Palette Concept」(出所:トヨタ自動車)
トヨタの「e-Palette Concept」(出所:トヨタ自動車)
e-Palette Concept利用時の外観イメージ(出所:トヨタ自動車)
e-Palette Concept利用時の外観イメージ(出所:トヨタ自動車)

自動運転技術の実装で注目したいのは、トヨタが開発した自動運転機能を提供することに加えて、他企業が開発した自動運転ソフトを組み込めるように車両制御インタフェースを開示すること。外観や内装に加えて、自動運転ソフトも利用企業が選択して導入できる。また、他社の自動運転ソフトを利用する場合でも、自動運転機能とは別に開発を進めている高度安全機能(ガーディアン機能)を組み合わせることで自動運転車の安全性能を確保する予定だ。

スイスのリンスピードが開発した都市型モビリティコンセプト「スナップ」もサービス事業者向けの自動運転車だ。スナップは乗客や物品を載せる「ポッド」と走行機能を提供する「スケートボード」で構成され、ポッドはスケートボードから取り外すことができる。ポッドはスケートボードがない状態でも利用でき、スケートボードはポッドがない状態でも自走する。ポッドを移動させるときはスケートボードに取り付けて移動させるという構想である。

リンスピードのスナップの外観(出所:スナップ開発の協力企業である米ハーマンインターナショナル)
リンスピードのスナップの外観(出所:スナップ開発の協力企業である米ハーマンインターナショナル)
スナップのポッドを取り外している様子(出所:米ハーマンインターナショナル)
スナップのポッドを取り外している様子(出所:米ハーマンインターナショナル)