政府は自動運転「レベル3」解禁に向けた道路交通法改正案を2019年3月8日に閣議決定した。レベル3はドライバーが運転する自動車を対象とし、自動運転中は運転操作をクルマに任せることができる。ただし、クルマが自動運転できない環境になったときはドライバーに運転操作への復帰義務が課せられる。

自動運転技術の開発を手掛け、東京都内の公道でドライバーを乗車させた状態で走行実験も実施したZMP(東京・文京)の谷口恒社長は、「レベル3の実用化は必要ない」との持論を持つ。自動運転技術とロボット技術の専門家である谷口社長に自動運転社会への道のりを聞いた。

ZMP社長の谷口恒氏(写真:北山宏一)

―自動運転技術の実用化にはどう取り組んでいるのか。

「我々はレベル4(一定条件下での完全自動運転)、レベル5(完全自動運転)、そして無人運転を目指している。レベル3までならドライバーは運転から解放されないし、本当の意味での次世代モビリティーにはならないからだ」

レベル3はクルマと人間の責任が曖昧

―改正案のレベル3実用化をどうみているか。

「僕はレベル3の実用化は必要ないと考えている。レベル3にもいろいろあると思うが、改正案はレベル2に近いレベル3といえるものだ。ただ、本来のレベル3は、あらゆるドライバーを対象とし、その人の体調とかスキルを見ながら一定条件の下で運転操作を肩代わりするレベルを意味する。だからドライバーが眠そうにしていたら、必要に応じて目を覚ますための働きかけも必要になる」

「僕はそこまでしてレベル3を実用化することはないと考えている。なぜなら、そのレベルを実現できるなら、クルマの性能が人間の性能をはるかに超えているので、クルマを人間と協調させる意味がなくなってしまうからだ。クルマを人間と協調させるためのコストがかかるし、クルマがやればいいことをわざわざ人がする必要もない。人がクルマの足手まといになってしまう」

「レベル3を実用化すると、クルマと人間の間で責任が曖昧になるという問題も出てくる。クルマが、できることを何でもやろうとするとお節介だし、人間に配慮してあえてやらないと『ヘルプが足りない』という不満が出る。だから人間が責任を負ってクルマがサポートに徹するレベル2の次は、クルマが全責任を負うレベル4に進むべきだ。レベル4ならドライバーの状態監視はいらないから、そのコストをかけなくて済む。責任の切り分けもはっきりする」

環境を絞ればレベル4は難しくない

―レベル4は、特定の環境においてドライバーレスの完全自動運転ができる技術レベルである。現段階の技術でも実現可能か。

「可能だ。走行環境がシンプルなら難しくない。交通量が少なく、信号のない一本道を走るケースと、都内のクルマにあふれた複数車線の交差点をいくつも通過して走るのでは、安全に走るための難しさが全く違う」