(写真2)ウイーンの中心市街地にあるマリアヒルファー通りでは、自動車の走行速度は時速20kmに制限され、歩行者、自転車、自動車などがシェアードスペースとして活用し、にぎわいを生んでいる。自動運転社会では速度制御を実現しやすくなるため、こうした一定のルールに基づくモビリティー空間のシェア化に期待が寄せられる(写真:Ricky Rijkenberg)

記事に戻る