(図3)泉陽興業が施設デザインの方向性として示したイメージ図。8人乗りゴンドラ36基が循環する形でJR桜木町駅前と運河パークの間を結ぶ。ゴンドラには、バッテリー型の冷房設備や各種安全監視システムなど独自のノウハウと技術を結集する。その製造は輸送設備メーカーの日本ケーブルに依頼している(資料提供:泉陽興業)

記事に戻る