(図1)さいたま市との包括連携協定に基づく連携イメージ。具体的な取り組みとして、(1)市内飲食事業者に向けたフードトラック事業への開業・業態多角化・転換支援、(2)新たなモビリティビジネスの事業者育成、(3)フードトラックネットワークによる被災者支援、(4)市内農家と食材のマッチングによる地域農産物の販路拡大・利用促進、(5)公共施設の空きスペースを仕込み用キッチンとして活用、(6)公園などの公共空間を出店スペースとして活用――といった施策の実施を検討するという(資料提供:Mellow)

(図1)さいたま市との包括連携協定に基づく連携イメージ。具体的な取り組みとして、(1)市内飲食事業者に向けたフードトラック事業への開業・業態多角化・転換支援、(2)新たなモビリティビジネスの事業者育成、(3)フードトラックネットワークによる被災者支援、(4)市内農家と食材のマッチングによる地域農産物の販路拡大・利用促進、(5)公共施設の空きスペースを仕込み用キッチンとして活用、(6)公園などの公共空間を出店スペースとして活用――といった施策の実施を検討するという(資料提供:Mellow)

記事に戻る