(図3)地上3~7階までの鉄筋コンクリート造階の客室内イメージパース。天井には「(仮称)配筋付型枠」を用いるため、その仕上げには木部が現れる(資料提供:三菱地所)

(図3)地上3~7階までの鉄筋コンクリート造階の客室内イメージパース。天井には「(仮称)配筋付型枠」を用いるため、その仕上げには木部が現れる(資料提供:三菱地所)

記事に戻る