(図9)JR線路上空には「新宿セントラルプラザ」と名付けられた広場空間、駅東西を結ぶデッキと地下との間に整備される歩行者動線上には「新宿テラス」と名付けられた広場空間の確保を求める。それぞれ、公益的な活動交流空間である「新宿ラボ」と呼ばれる場、鉄道沿線の多様な情報やサービスなどを提供する「地域連携ラボ」と呼ばれる場を創出する方針だ(出典:東京都・新宿区「新宿の拠点再整備方針」2018年3月)

記事に戻る