(図5)次世代型モビリティーの走行空間のイメージ図。KK線の中で最も幅員の狭い区間が約12mであることから、モビリティーの種類が「コモン・マス」の場合でも「パーソナル・ソロ」の場合でも、その走行区間を確保できることを確認している(出典:「東京高速道路(KK線)の既存施設のあり方検討会提言書資料編」(2020年11月))

(図5)次世代型モビリティーの走行空間のイメージ図。KK線の中で最も幅員の狭い区間が約12mであることから、モビリティーの種類が「コモン・マス」の場合でも「パーソナル・ソロ」の場合でも、その走行区間を確保できることを確認している(出典:「東京高速道路(KK線)の既存施設のあり方検討会提言書資料編」(2020年11月))

記事に戻る