「栽培ナビ」の本質は、農業の「見える化」

「栽培ナビ」「栽培ナビ ドクター」2つのサービスの本質は、農業の「見える化」と言っていい。土の状態から始まって栽培状況や経営収支などに至るまで、農業のいろいろなプロセスを「見える化」し、そのデータに基づいてPDCAサイクルを回しながら改善を進めていく。こうした「見える化」による製造プロセスの“カイゼン”は、日本の製造業が得意としてきた分野であり、パナソニックという日本を代表するものづくり企業にとって“お手のもの”とも言える。

「栽培ナビ」は、地温や気温、灌水状況など作物の栽培に必要なデータを「見える化」して、記録・管理できる。生産者は、このツールを使いながら田畑での栽培状況や生産の履歴、収穫量、肥料や農薬の使用状況といった情報を把握して、自らの生産管理や農業経営に役立てる。

「栽培ナビ」には、田畑の地温や気温、日照などの各種センサーのデータを計測、閲覧する機能もオプションで付けられる。センサーの計測値は無線機能で栽培ナビサーバーに送られいつでも閲覧できる。生産者はこのデータと土や作物の状況を突き合わせながら分析し、PDCAを繰り返しながら自分たちの栽培技術を進化させていく。さらに、「栽培ナビ」は作業に当たる人たちが作業履歴やいろいろなデータを共有でき、従業員のマニュアル的に使うこともできる。また、販売先の流通、食品会社ともデータを共有できるため、需要の強弱に対して生産量をコントロールするといったことも可能になる。

「栽培ナビ」では、どんな作業をしたのか、また作物に何が起こっているのかを記録する。また、栽培環境の地温や気温、日照など様々な条件をセンサーで計測し、インターネットを経由しクラウド上のサーバーにデータを記録することができる。これらのデータは様々な角度から「見える化」され、利用者は自分のパソコンなどで何が起こっているかを確かめられる。下の図は、地温や気温の変動と何が起こっているのか、どんな作業をしたのかが時系列で示されている。これを見ることで、作物の品質や収量に何が効いているのかが容易に推測できる。データを自ら加工、分析し、次のステップへ進む手助けとなる

土壌と作物の状態を「見える化」する「栽培ナビ ドクター」

一方の「栽培ナビ ドクター」は減農薬、減化学肥料農業や有機農業の生産者に対して、土壌、作物の状態を「見える化」するサービスだ。米も野菜も果樹も花も、どんな作物を作るにしても農業の基本は「健康な土づくり」と言われる。ところが、この土づくりが難しい。

農業の名人と言うと、土を口に含み「いい土だ」などと頷く姿を思い浮かべるかもしれない。しかし、多くの農業者にとって土はブラックボックスに近い。ほとんどの人が手探りで独自の土づくりをしている。もし、自ら耕す田畑の土にどんな成分が含まれているのか正確に把握できる仕組みがあるのであれば、誰もが喉から手が出るほど欲しいはずだ。土の状態を正しく理解し、その上で必要な肥料や資材を、適切な時期に、適正量投入できる人が農業の名人にほかならない。

「栽培ナビ ドクター」はサイトからこのサービスに登録するだけで利用でき、①土壌総合診断、②土壌定点診断、③作物体診断の3つの診断サービスが含まれている。土壌だけでなく、作物の出来についても診断してくれる。ある意味、普通の農業者が名人の技を手に入れるのと同じだ。

土壌分析は最初の総合診断1回限りではなく、栽培の段階ごとに定期的な診断が受けられる。医療における定期検診のようなものだ。土づくりの初期から始まって、肥料・資材投入時、播種や苗の定植、その後の成長段階を経て収穫期まで、それぞれのステージに応じた土壌と作物の両方を定期的に分析してもらえる。分析項目は水稲なら27項目、水稲以外は26項目と多岐にわたる。

分析結果に加えて、ステージごとに必要な対処方法のアドバイスも受けられる。利用者は、こうしたアドバイスに従って必要な時期に必要な分だけ肥料や資材などを使用すればいい。過剰な使用も抑えられるため、周囲の環境への負荷も軽くできる。減農薬、減化学肥料農業や有機農業に携わる生産者にとって、自分の栽培技術を理想に向けて高めていける有用なツールであり、実に頼りになる存在だ。特に、有機栽培においては、ミネラル類は重要であり、その情報を知ることは、栽培の良し悪しを左右するといっても過言ではない。

「栽培ナビ ドクター」の利用者は、土壌と作物の状況を定期的に分析してもらえる。分析による「見える化」だ。さらに分析だけでなく、どのような肥料や資材を投入すればいいかというアドバイスも受けられる。利用者がどのような作物をどう作りたいかという目標を設定し、その目標を達成できるように、PDCAを回しながら自らの理想とする農業に近づいていける仕組みだ

PDCAを回しながら、目指す技術を確立できる仕組み

「栽培ナビ」事業を率いるパナソニック アプライアンス社の新居道子氏は、2つのサービスを使う効能を次のように説明する。

「原点にあるのはおいしい生産物を作りたいということです。そして、その栽培を通して、サスティナブルな循環型農業を新たなやり方でチャレンジしていきたいという思いです。そのためには、土と作物の両方を見える化して科学的、論理的に説明できる形に持っていきたい。データとして履歴を残し、分析しながらPDCAを回していくことがこれからの新しい農業を実践するためには必要だと考えています。『栽培ナビ』は農業についての様々なデータを記録し、分析しながら自分たちの農業と経営を改善していくもの。『栽培ナビ ドクター』は基本的に土と作物の状況を診断しながら、その都度必要な手を打っていくためのもの。2つのセットでこれからの農業を変えていこうと考えています」

パナソニック株式会社
アプライアンス社
事業開発センター
アグリ事業プロジェクト
新居 道子 氏

土壌の分析を担当する同アプライアンス社の芝田淳氏は、土壌分析について「可能であれば実際に圃場にお伺いし、現場を自分の目で見て、生産者の悩みや思いを感じ取ることもします。数字の世界だけではない、科学的なファクトと生きた情報で農業に貢献していきたい」と語る。

パナソニック株式会社
アプライアンス社
カンパニー戦略本部
事業開発センター
芝田 淳 氏

また土壌分析の結果を基に、適切な肥料・資材の提案をする同アグリ事業プロジェクトの柏本隆氏は土壌アドバイザーでもある。柏本氏の原点は「ものづくりとは、『耕作すること』」という言葉。「よい土台(環境づくり)で、よい栽培(耕作)で、よい作物(食)を提供することが日本経済の発展、人々のくらし、健康アップデートになります」との思いで「栽培ナビ」事業に取り組んでいる。

パナソニック株式会社
アプライアンス社
事業開発センター
アグリ事業プロジェクト
柏本 隆 氏

「他社の分析サービスと違うのは、利用者が目標を決めて、それに向かって栽培手法を確立していくことができるということです。例えば、今回は収量が上がったけれど、次回は食味を上げるためにどうすればいいかというようにPDCAを回していく。ただ単に分析するのではなく、自分たちの目指す技術を確立していけるのがこのサービスの特徴です」と新居氏は説明する。

さらに、先々にまで思いを巡らせる。「現在、新規就農者は栽培技術が熟練者と違い、現場で苦戦しているケースが多々あります。特に、昨今の環境変化が大きく変動するので、なおさらです。従来の栽培手法のままでは対応できない状況になっています。新人であってもこういったサービスのデータを活用いただくことで、期待できる作物が作れるようになります。また、そうしていかないと、新規就農の人たちが増えていかないと思います。」(新居氏)

パナソニックにて土壌分析を行う様子

「栽培ナビ ドクター」は、伸びしろのあるオーガニックに視野を広げる

2016年12月にスタートさせた「栽培ナビ」がすべての農業者に向けたサービスであるのに対して、パナソニックでは「栽培ナビ ドクター」はさらに目的を明確に持つ生産者向けサービスとなる。減農薬、減化学肥料農業や有機農業、に絞った。これは、有機農業の「伸びしろ」に期待しての選択だ。

実は日本の有機農業については“超”が付くほどの少数派と言える。農林水産省によると、有機農業に使われている耕地面積は平成29年時点で約2万3000ヘクタール、国内の全耕作地のわずか「0.5%」にすぎない。

新居氏は「食品市場の数値ではありますが、世界のオーガニック食品市場は15年で5.3倍になっているのに対して、現時点で日本のオーガニック食品の割合は、他の先進的な国と比べてかなり低いと言わざるを得ません」と語る。有機農作物を含めた有機食品の国内市場は現時点で1850億円程度にすぎないが、もし一人当たりの有機食品消費額が欧米並みになれば2兆円と10倍以上になってもおかしくないと考えている。またヨーロッパで一部の農薬の規制が厳格化している動きもあり、国内の生産者の中にも減農薬、減化学肥料等の特別栽培や有機農業を指向する生産者も増えている。こうした人たちを合わせればかなりの数に上ると期待している。また農林水産省も平成26年4月に「有機農業の推進に関する基本的な方針」を公表。有機農業の推進をしている。

もうひとつ、個人的な思いですがと前置きして、新居氏は「言葉がかぶってしつこいと言われますが、『サスティナブルな循環型農業』を目指すと社内的には話しています」と笑う。

持続可能な社会を指向する流れの中で、有機農作物を含むオーガニック食品の市場は世界的に大きく伸びている。農産物の生産量の中に占める有機農産物の割合で見ると、日本は0.25※と欧米に比べて一桁以上小さい。「栽培ナビ ドクター」減農薬、減化学肥料農業・有機農業・向けに絞ったのはこうした背景がある。

極上のぶどうを目指し、栽培技術を「見える化」する長野の生産者グループ

実際に「栽培ナビ」と「栽培ナビ ドクター」を利用して、パナソニックと協力しながら大きな成果を挙げている生産者グループが長野県中野市にある。グループの通称は「長野見える化軍団」。この地域の8人のぶどう生産者が集まり、「栽培ナビ」と「栽培ナビ ドクター」を活用しながら、情報を共有し互いに技術を高める活動をしている。

その中心メンバーが、出澤英之氏と、菊地信行氏だ。ITにも馴染みのある出澤氏がグループのまとめ役を務め、長年ぶどうづくりにこだわってきた菊地氏が熟練の技を伝える役割を担う。そのお二人に、過去最高の出来に近いというほど見事なぶどうが実る菊地氏のぶどう農園で話を聞いた。

「例年に比べて20%ほど大きく出来ている」というほど成果が上がっている菊地氏の圃場(ぶどう農園)

グループで活動するそもそものきっかけは、一軒一軒が手探りでやっていたことを「見える化」し共有することだった。出澤氏は「今までも連携したいという思いはありましたが、なかなかその機会がありませんでした。これまで経験と勘でやっていたものを見える化したいということで集まりました」とグループ結成当初を振り返る。

「長野見える化軍団」の中心メンバーである出澤 英之 氏

厳しい気象条件にもかかわらず、今年の出来映えは「すごい」

グループを結成して今年で2年目、シャインマスカット栽培に関する各種データや土や作物の状態などを徹底的に「見える化」し、数値で示されるデータを参考に、肥料や資材を与えてきたことによって、今夏はこれまでにないほど大きな成果が上がっているという。今年の天候条件はかなり厳しく、曇天が続き、梅雨が長く、梅雨明けしたかと思えば猛暑が続く、強すぎるほどの日照でぶどう栽培にとってはかなり過酷な状態だったという。それにもかかわらず、今シーズンのぶどうはかつてないほどの仕上がり具合を見せている。出澤氏と菊地氏は「見える化」の効果が出ていると確かな手応えを感じている。

長年ぶどうの栽培に携わってきた菊地氏から見ても今年の出来はかつてないほどだという。「ぶどうの大きさが従来と比べ20%程大きくなっているのです。これはすごい。それと、今年出た緑の枝が茶色に変化しているのを確認できます。これは登熟と言って枝が充実している。来年もこれでぶどうが成るとわかる。シャインマスカットという品種は例年9月中旬以降にならないと登熟してこないのですが、それがもう、9月1日の今の時点で登熟している。これはすごい効果だということを表しています」

「長野見える化軍団」の中心メンバーである菊地 信行 氏

二人の圃場では「栽培ナビ」を使い地温や気温、日照条件などを常時モニタリングしながら、今年5月末からサービス提供された「栽培ナビ ドクター」で土壌と作物の分析から、施肥や土作りをしている。長年、経験と勘で行ってきたことが着実に「見える化」できていると言えそうだ。

「これはすごい」と菊地氏が驚く今年のぶどう。例年に比べて粒の大きさも20%ほど大きく、枝振りも来年以降の出来映えを予想させるほどの充実ぶりだという。「栽培ナビ ドクター」を導入したことによって、肥料や資材を投入する目安が数値化され、分かりやすくなったという。パナソニックから推奨された、ぶどうの葉面に散布するアミノ酸資材を診断により、適切なタイミングで対応することの効果も大きいと見ている

技術の共有も伝承もスムーズに

二人は「見える化」によって、技術の共有もスムーズになると見ている。農業経営者の立場からすると、規模が大きくなればなるほど従業員を雇用する必要に迫られる。いつ何をどのようにすればいいか、自分が分かっているだけではなく、栽培に携わっている全員がある水準以上で理解していなければ農園全体としての成果は上がらない。栽培履歴や結果としての収量や品質などを記録できる「栽培ナビ」は、いつ、何をやればいいかということを示すための優れたマニュアルになる。

出澤氏はこう語る。「私はいま両親と姉と一緒に農業をやっているのですが、ゆくゆくは人を雇い入れる必要が出てきます。そうすると、どうしても教える過程で根拠が必要になってくる。その時に『栽培ナビ』があれば、こういう場合にはこうすればいいということがわかりやすい。私自身もまだまだ農業経験が浅いので、データや記録で補ってくれる『栽培ナビ』がすごく必要です」

ぶどうの樹の根元で地温を計測している。地温計の計測値は栽培ナビのクラウド上にあがり、菊地氏は自宅にあるパソコンで閲覧している。このほかにも気温や日照などのセンサーで圃場のモニタリングしている

「栽培ナビ」シリーズによる「見える化」は、熟練者の技術を共有するだけでなく、次世代へと継承していくためにも大きな役割を果たしそうだ。菊地氏は「経験も必要だし、見える化ももちろん必要。それによって相乗効果が生まれる。それがすごくいいのではないでしょうか」と語る。

菊地氏に「みんなが同じように作れるようになると、差別化ができなくなるのでは?」と問うと「やっぱりみんなが成長できるのが素晴らしいと思います。一人だけ抜きん出ているというよりみんなが同じものができるほうが大切です。一緒の肥料をやって一緒の作業をやっているので見える化の仲間はそのうちみんな一緒になりますよ。ちょっと分からないところは私の経験でこういうところがおかしいんじゃないのと話せるところが出てくるといいかなと思う。やっぱり仲間は一緒に成長していなかくてはいけないので」という答えが返ってきた。

グループで切磋琢磨しながら、優れた技術を共有し次代へと継承していく。「見える化」によってこうした流れができれば、その場に集う多くの生産者が高品質の作物をコンスタントに作れるようになっていく。「長野見える化軍団」とパナソニックの取り組みからは地域農業の活性化や生き残りのヒントが見て取れる。未来の、活気溢れる農業者の姿が頭に浮かぶようだ。そこでは生産者の誰もが名人級の高い栽培技術を共有し、品質の高い作物を作りながら収益をきちんと上げられる「持続可能な」農業を営んでいる。