<この記事を要約すると>

  • パナソニックが提供する空間除菌脱臭機「ジアイーノ」は、次亜塩素酸で室内を除菌・脱臭
  • 医療機関、学校、保育施設、介護施設などの業務用途に加え、家庭用でも高い評価を得ている
  • 有人環境で利用することを前提としただけに、安全・安心の設計になっていることもポイント
  • 導入済みの介護施設の評価、パナソニック担当者によるジアイーノに込めた思いを聞いた

次亜塩素酸で空気を除菌・脱臭するパナソニックの「ジアイーノ」は、医療・介護・教育などの施設に導入され、“きれいな空気”を届けることに貢献してきた。導入施設である埼玉県所沢市の「健康倶楽部 むさし野の森」を訪れ、「ジアイーノ」がグループホーム入居者や職員の日常をどのように変えたのか、そしてパナソニック担当者による「ジアイーノ」に込めた思いを聞いた。

名古屋大学未来社会創造機構客員教授
元名古屋大学産学官連携推進本部特任教授
元ImPACTプログラム・マネージャー
宮田 令子 氏

1982年入社の東レ株式会社では、一貫して研究開発に従事。事業化・研究マネージメントを経験。日本生物工学会技術賞受賞。名大では、異分野融合領域の産学官連携共同研究等マネージメントに従事。2014年~2019年にかけ内閣府 革新的研究開発推進プログラムImPACTにてプロジェクトマネージャーとして参画。超微量物質多項目同時センシングシステムの実用化に向けたプロジェクトを主導した。

介護施設は居住、療養の空間でありますが、日々の生活行動の中で目に見えないにおいや微粒子(PM2.5、PM0.1、ウイルス、細菌など)はヒトの動きとともに移動、拡散をします。個人の空間と多くの人が行き来する共有空間が併存する「介護施設」においては、特に衛生面で安心、安全、快適な環境を保つことが強く求められます。昨今の事情を鑑み、今後さらに今回の事例のような取り組みの深化が求められていくと思います。

空気が気になる場所にジアイーノあり

ニューノーマル時代を迎え、浮遊する“空気の質”(空質)にも注目が集まる。空質の向上に貢献するテクノロジーの1つが、パナソニックが提供する空間除菌脱臭機「ジアイーノ」である。

独自開発の技術により塩と水を電気分解し、次亜塩素酸水溶液を自動生成。機器の運転中は、次亜塩素酸で室内を除菌・脱臭する。第三者の各機関で菌・ウイルス、ニオイに対する抑制効果が明らかにされているのも心強い。

「ジアイーノ」は独自の技術により常に優れた効力を発揮する

パナソニックでは1987年から次亜塩素酸技術に取り組んできた。歴史を重ねるにつれて空気中の浮遊菌除菌・脱臭に効く空間浮遊物浄化技術、付着菌を除菌する揮発・拡散技術を確立し、あわせて機器のコンパクト化にも磨きをかけた。これらの進化を盛り込み、2013年には医療機関、学校、保育施設、介護施設などを主なターゲットとした業務用「ジアイーノ」、そして2017年には家庭用「ジアイーノ」を発売した。

埼玉県所沢市にある「健康倶楽部 むさし野の森」は、早くから「ジアイーノ」を導入した介護施設だ。新潟県を拠点とする苗場福祉会が運営する同施設は、2014年4月に開設。所在地の所沢市三ケ島エリアでは初となる地域密着型のサービス事業所であり、1階が小規模多機能、2階がグループホームから成る。さらに「特別養護老人ホーム ケアカレッジ」を隣接している。

健康倶楽部 むさし野の森。グループホーム入居者の方々が作成した綿棒アートが飾られている

「ジアイーノ」は生活環境を整える付加価値

健康倶楽部 むさし野の森が「ジアイーノ」を導入したのは開設から8カ月を経た2014年12月のこと。導入に際して各メーカーを比較検討したが、施設長を務める宮寺裕子氏は「安心できるブランド力が決め手になった」という。

社会福祉法人 苗場福祉会
健康倶楽部 むさし野の森
施設長
宮寺 裕子 氏

また、グループホームの職員は若年層のみならずシニア層も多いことから、操作や手入れが簡単な点も重視した。「手間もかからず、職員誰もがすぐに対応できるのがメリット。パナソニック担当者の方には機器の取り扱い等、とても丁寧に分かり易く説明していただきました」(宮寺氏)。

現在、グループホームのユニット(共同生活の単位)の共有スペースに各1台ずつ、合計2台を置く。グループホームは入居型施設のため、日常的に職員と入居者のユニット間の往来が発生する。加えて家族、見学者、往診の医師など外部からの出入りも多いために設置した。

グループホーム内に設置される「ジアイーノ」

「衛生管理の面で、やはり安心感が違います。職員も『これがあるから安心して働けます』と話してくれます」(宮寺氏)

もう1つ、「ジアイーノ」の特徴には強力な脱臭効果がある。グループホームでは生活の一環として、キッチンで職員と入居者が一緒に食事を作っている。「夏場などはごみのニオイが目の前の共有スペースに時折こもってしまうことがありました。しかし、『ジアイーノ』導入後は、不快なニオイはなくなり、それでいてお料理の美味しそうな匂いは消えず共有スペースに立ち込めています。それも『ジアイーノ』の効果なのかもしれません。今では、お客様と職員が快適な生活空間で食事を楽しめるようになりました」と宮寺氏は話す。介護施設にとって共通の課題でもある排泄のニオイに関しても同様の効果をもたらした。

「排泄の際、ニオイはどうしても残ってしまいますが、比較的短時間でニオイが解消されます。これは職員も実感しています。お客様にとって居心地の良い生活環境を提供する点でも、『ジアイーノ』の脱臭効果は大きな役割を果たしています。」(宮寺氏)

個人の空間、共有空間がある「介護施設」において、衛生面、安全面での安心を感じられるように、介護する側、される側が安心して過ごせるよう“空間を清潔にする”というコンセプトでの取り組みだと思います。今回の「ジアイ―ノ」設置における取り組みは、科学的根拠に基づいて、ウイルスや細菌などを除去するだけでなく、不快なにおいも消すことを可能としています。また入居者や職員の方々もその効果を実感していることが大きなポイントであると思います。今後ますます、これらの状況が実用的に施設内で“見える化”できることを期待しています。

これらの実績を踏まえ、健康倶楽部 むさし野の森では小規模多機能にひと回り大きな「ジアイーノ」を設置することに決めた。こちらは「通い」が中心の介護サービスのため、グループホーム以上に不特定多数の人が出入りするからだ。

「『ジアイーノ』はある意味、生活環境を整える付加価値ではないでしょうか。『ジアイーノ』で施設のお客様に安心できる生活空間を提供し、今後も地域の皆様が安心してご利用いただける施設をめざしていきたいと思っています」(宮寺氏)

現在、苗場福祉会全体では20台以上の「ジアイーノ」を導入しており、今日も元気に“きれいな空気”を利用者に提供している。また宮寺氏が所沢市のグループホーム管理者会議で「ジアイーノ」の効果を紹介したところ、導入に至った施設もあったという。利用者の体感による口コミが「ジアイーノ」の普及に一役買っているようだ。

「むさし野の森」でのレクリエーションの様子